カテゴリ:未分類( 2138 )
重大なお知らせ。
皆様へ。
野津なおつぐです。
長くなりますが、
重大なお知らせとお詫びを申し上げます。

私、野津なおつぐは8月31日をもって松江市議会議員の職を辞する事を決めました。

もうすでに報道などでありました通り、
選挙当選後からFacebookなどをアップしておりませんでしたが、
当選後、警察に公職選挙法違反で取り調べをうけ、先般、検察庁から起訴され、初公判が行われました。

起訴内容は、4月初旬に、私の母校である開星高校の卒業生29名に『4月14日に松江市議会議員選挙があります。皆様のご支援を宜しくお願いします(要約)』という文章を送った罪で、
起訴をされています。

この文章が公職選挙法違反の『投票依頼・事前運動』とされました。
正直、恥ずかしい事にこの文言や文書は僕の中では『政治活動の中で許される 挨拶文』であるとの認識でした。

4年間も市議会議員でありながら、本当に情けない自分の無知と浅はかさに言葉もありません。

この4ヶ月は、
選挙違反。
また警察・検察の取り調べ。
父の死。
2人目の子供の誕生。
あまりにも自分にとって、
色々な事が重なり、
正直、肉体も精神もボロボロでした。

知らなかったといえ、やってしまった事は事実。

検察が起訴した段階で、
職を辞さなければならない事。
責任をとる覚悟は決まっていました。

検察が当初、示したのは、略式起訴(スピード違反や飲酒運転などで行う裁判まで必要としない事件起訴)
と検察から提示がありました。
検察は罰金刑+公民権停止5年を提示してきました。

実質、公職選挙法上では、罰金を受けた人間は公職を剥奪されるという法律があり、
事実上の解職通達でした。

4455人の人達の投票が無駄になるのに、そんなに簡単にスピード違反の様に簡単にこの事件を終わらせてもいいのか。という想いもありました。

私自身が、どんな罰を受けるのいい。
けども、みんなが頑張った選挙だけは、なんとかして欲しい。
そういう想いでした。

みんながどんな想いで、この選挙戦を戦ったのか。
どんな想いで、みんながこの四年間を頑張ってきたのか。

僕は公の場で、伝えたい想いがありました。

罪は罪。

しかし、そこに何があったのか。
選挙の全てを。事実を。
公の場で伝えたいと思いました。

そして。
ただ、罰は受け、失職するにせよ、

関係者の皆様に、謝りに行く事を本来ならばしなければなりませんでした。

が、

しかし、この四ヶ月、
時間の許す限り、
少しでも、一つでも、一つでも多く、
投票してくれた人々の想いをカタチにする事のみを考えました。

松江の未来の為に、今、自分にできる
事をしよう。やれる事は全てやって、終わろう。
責任は全てを終わったあと、自分が罰を受ける。謝りに行く。と。

その為にこの4ヶ月、時間を使いました。ほとんど市役所にこもりっきりで、4年間分ぐらいの政策提案・協議をしてきました。

想いと政策は、
松浦市長はじめ執行部、職員の皆さん。
そして議会の先輩方へ、これから四年間の想いは引き渡しました。

本来、バトンを受け取らねばならない若い私の取り返しのつかないミスで多くの行政関係者の皆様にはご迷惑をおかけしました。

その中で、初公判が開かれ、罪を認めました。

正式に九月議会が始まる以上、公判で罪を認めた人間が、議会に臨むのは、嘆願書に署名をしてくれた多くの議員の先輩達に、これ以上の迷惑をかける事になると判断し、8月末をもって、
辞職の決断に至りました。

今後、裁判は続きます。

僕自身は、文章違反は罰金刑かも知れないけども、4455人の人達の票を、自分の安易なミスで失った事、

多くの若者達の希望を、この四年間のみんなの努力を、悲しませる結果に終わらせた事。

これは死刑、無期懲役にでもして欲しいと
思うぐらい、罪の重いものです。

それぐらい、みんなの投票を重いものだと想っていたからこそ、この四年間、命を削りながら全力で走ってきました。

その重みを知っている自分が、
市民の皆様、投票して頂いた多くの方々の想いをこう言った形にしてしまった事、そしてそれを今後どう償えばいいか、僕にはまだ答えは見えません。僕はまだ闇の中にいます。


一緒に選挙を戦ってくれた多くの人。
親族。
家族。

本当に多くの人達の想いを
踏みにじりました。

あれからずっと、毎晩毎晩、考えています。

こんなミスをした自分に対して寛大な処置を求める嘆願書が、一ヶ月という短い間に、
6000名をも超える自著による、
嘆願書も頂きました。

野津なおつぐは、本当に、馬鹿だった。

ただ、今でもたった一つ言える事は

届け方は間違ったかも知れませんが、想いが届いた事、あの結果は今でも信じているし、

4455票という、史上最多得票という奇跡。

今まで多くの志しあるみんなと一緒にやってきた政策や事業は一つも間違っていなかったと信じています。

そして、若い人達が届かせた4455票という松江の新しい躍動の波は必ず終わらない。


今後について、
次の選挙に出るのか、出れないのかも、裁判の結果となります。

また自分自身が、
次の選挙に出る出ないを
決める立場には最早ない。
と、思っています。

今後、自分が何をしていくのかも、
まだ決めていません。

ただ、やらなければならない事は
たった一つ。

今回の辞職で
市議会議員ではなくなり、
いち市民となっても、
市議会議員の時以上に
4455人、信じてくれた人達や、
署名をして頂いた人達へ、
必ず松江を良くして、結果を返したい。

議員じゃなくなって、
手法は変わって、
ハードルは高くなったか知れないけれど、

まちづくりも、子育て政策も、
教育も、福祉も、観光だって、

この松江を。
松江に住む人を。
みんなを愛する気持ちや笑顔にしたいという想いは変わらないし、
市議会議員という立場はなくなっても、この4ヶ月、自分が苦境に立たされ、より強く想う様になりました。

市議会議員の時、以上に、
そこに命を賭けてやっていかなければならない。

それがいま、僕に投票してくれた人にできる唯一の償いだと思っています。

必ず。

必ず。

市議会議員の時以上に、

松江をもっともっと笑える街にしてみせます。

多くの皆様に、言葉にならないほど、
ご迷惑をおかけしましたこと。

深く、深く、お詫び致します。


野津なおつぐ
[PR]
by naotsugu_notsu | 2013-08-30 23:28
水辺の芸術祭

水辺の芸術祭2011の模様を一足早くオフィシャルカメラマンのnobが

ブログでアップしています。

来れなかった方もぜひ見てください。

水辺の芸術祭、こんなお祭りです。

http://nob-eye.jugem.jp/
[PR]
by naotsugu_notsu | 2012-10-12 14:10
久々に。

気がつけば、このブログを書かなくなって、

「神と海の祭」 が終わり、

「プレニューオーリンズフェスタ」 が終わり。

「土曜夜市」が終わり、

6月議会で提案した事が、この9月議会で実現するまで、
ブログを放置していました。

フェイスブックやメディア等の報道等であった様に、
事業として理想どおりだったという満足感があったのは、もちろん、
美保関の人達、タテ町の人達、多くの人達に、
少しでも可能性を一緒に感じることができた事業だったと思っています。


毎日、毎日、何件もの打ち合わせをこなし、
観光~福祉まで多岐にわたる政策を提案し、
また協議して実現に結び付けていく。
協議の隙間を縫って、イベント事業をこなし、
それと同時並行で、来年や未来の事まで見越した政策を創造し、
現実的に積み上げていく。
相変わらず、そんな毎日でした。

いろんな方から、「ブログを書いて欲しい」 といわれましたが、
フェイスブックで毎日の日記?記録?報告?をしてからは、
さすがに二つのツールを使いこなす事ができずに今に至ります。

長くなりそうなんで、今日はここまでにしておきます。
[PR]
by naotsugu_notsu | 2012-09-06 17:16
6月議会

さていよいよ 6月議会がスタートしました。

目玉は、「中村元」 さんの記念館構想。
中村元さんというのは、仏教界の中でも、とりわけ仏教発祥の地と言われる
「インド」 の哲学者 としては日本随一であると言われています。
出身は、松江市ですが、八束町支所の中に記念館構想があるようです。

いずれにせよ、今回の予算では市民の税金が3500万円、という多額な金額が投入されます。
旧来通りの広報手法や、やり方では、先行きが不透明であると僕は思っています。

ここらへんは、総務委員会でしっかりと審議・提案しますが、
中村元さんという方は、小泉八雲さんもそうですが、
今の時代が欲している価値観など、数多くの可能性がこの二つには転がっています。

巨匠 棟方志功 が松江の地を愛した様に、
この地には1300年の歴史と400年の文化がミックスされた街です。
ベーシックは必ずある。あとは、どうやって、どこに広報やPRをするかだと思います。

その点を総務委員会で、しっかりと審議します。

そして、僕自身の提案です。

6月議会の一般質問内容です。

キーワードのみですいませんが、以下の事について提案します。

『まちづくり構想』

『執行部側の政策立案にもっと市民目線を』

『土曜夜市プロジェクトの拡大』

『聴覚障がい者支援』

『不活化ポリオワクチン』

『メディア教育』

『ひきこもり対策』

『防災 バックアップ自治体制度の確立』

『玉湯町の新プロジェクト』

『歴史館の入場者対策および塩見縄手周辺の観光の再構築』

『空き家対策』

『小泉八雲記念館の改修』

『アートを活かしたまちづくり”松江版 ” 家プロジェクト』

主にこういった内容について提案します。


提案するまでは、しっかり各担当部と政策協議をして、質問をする様にしています。
結果的に市長がどう判断するかでしょうが、実務的な事がクリアできれば、
政治的な面での問題はないと思っています。

逆に、これだけの一般質問について、提案しようと思うと正直、大変です。
なにせ、担当部は専門セクション。
僕は、あくまでも多岐全般を見なければいけない議員。
どうしても、知識・経験・経緯などについては、執行部の方がはるかに詳しいという事になります。

提案をするという事は、現状をある程度知って、解決方法を提案するわけですから、
以上の項目について、知識も深めないといけないし、
解決するのに「持論」を持つ必要があります。
時には、しっかりと企画書なども作ったりして、執行部に説明します。

執行部は、基本的には

「簡単なスキームで解決できるようならもう自分達がしてる」

と思っていますから、新しい政策について協議するのには、パワーがいります。
時には、30分ぐらい熱弁をふるいます。

そこでお互いの意見などを出し合って、僕の政策が甘い所があれば、それは引くし、
執行部側の理論が甘い所があれば、僕の理論でという事になります。

僕は1点。 市民の皆さんの暮らしがどう変わるか。

どう具体的に提示して、実現させていくか。

前も書きましたけど、議員は、投票してくれた市民一人一人と
「信頼という契約」を交わしているのであって、
「議会」 に投票しているわけではありません。
そういう人達が寄り集まったのが 「議会」であって、議会改革は、議員改革。

議員改革など、他の議員さんと市民の皆さんとの多様な価値観との契約ですから、
僕はそこをどうこう興味はありません。

というよりも、他人をどうこうよりも、僕が市民の皆さんから得ている 
「信頼の契約上」 やらなければならない事がたくさんあって、
他の議員の事など、別にどうでもいいんです。

他の議員さんも本当はそうだと思うんですけど。

選挙の時に、決めた約束や志を、4年間、しっかりとやるだけ。
議員の相手は議会じゃない。
議員の相手は市民です。
特に、自分を信頼して、権利である投票で託してくれた市民です。


以前までは、民意を示すのが議員。方法を探るのは執行部。でしたが時代は新しくなっています。
市民の民意を示す為に、もっと具体的に示す必要がある。
それが最近でいう、政策立案能力という言葉ですが、

徹底的に政策立案について、磨く。

相手はスペシャリスト、ゆえに僕も頑張って最低限の知識を持つ必要がある。
そこのレベルをどう上げていくかが、今後の 議員 という職の最大の課題だろうと思います。


また各質問、各項について、一般質問の内容を見て貰えればと思います。
来週の火曜日の午前10時過ぎぐらいからのマーブル放送になると思います。
今回は、議会がつまらんと言う声をお聞きして、
スピーディーにかつ、原稿はあまり読まずに話をしたいと思います。
[PR]
by naotsugu_notsu | 2012-06-14 08:09
松原社長。

2009年の2月にこの記事を書かせて頂いた、大恩ある松原マサ社長が亡くなられました。

2009年2月の記事

元職場の社長でもあり、齢90歳で80歳を超えてなおも現役の社長をやっておられた名物社長です。
環境業界というのは、半端ではない。
建設業以上にしっかりとした「枠組み」や「縄張り」みたいなものがあって、
義理、人情があって他を蹴落として、自分を利さない、そういう業界です。

その中で、僕は18才からずっと環境行政に携わってきた。
と、言っても、所詮、松江市の臨時職員。ゴミ収集のバイトだ。

そんな僕を、拾ってくれたのが松原社長だった。
女手一つで、戦後の松江の環境業界で踏ん張り、一代で会社を築いた女性社長でした。

サラリーマン金太郎に出てくる 中村かよ の様な人で、
オーラを持ち、もっと、もっとにこやかで、
もっと、もっと、奥底に厳しさを合わせもった女性。

そんな人だった。

選挙に出ると言った時、松原社長だけは、僕を信じてくれた。
一介のゴミ収集作業員、一介のバンドマン、そんな自分を、
「松江の可能性」 として、応援してくれたのが、松原社長でした。

あの日の事を今でも思い出します。

あの日のブログを今でも読み返します。

ずっと感謝してる。

選挙期間中、僕には「企業の社長さん」と言われる人達の支援はほとんどありませんでした。

選挙の時の、事務所立ち上げの時。
87歳になり、ほとんど家から出れない体で
わずか800メートルの距離を、杖をついて、一時間かけて、応援に来てくれました。

「あなたの元気な顔を見たら、元気になった。
あなたを応援する若い人の顔を見たら元気になった。
年寄りは表には出ないわ。はじっこでいいのよ。」

そう言って、選挙事務所に来てくれた事を思い出します。

あなたの恩や、信じてくれた期待に、応えれる自分になっただろうか。
あなたが信じてくれた、一人の若者やみんなへの「希望」は、
ちゃんと叶えられているだろうか。

松原社長が亡くなられてから、ずっと自問自答しています。


海外を旅するのが好きで、まとも就職につかなかった自分を拾ってくれたのも松原社長でした。
結婚をすると言った時、「おめでとう。幸せになってね。」と
普通の会社ではありえないお祝いをくれたのも松原社長でした。

会社を辞めて選挙に出ると言った時、「あなたなら出来る」と言ってくれたのも、松原社長でした。

議員になってから、たくさんの大きな愛に囲まれて議員をやれています。と言った時、
「あなただから出来るのよ。あなたの活躍を見るのが嬉しい」と言ってくれたのも松原社長でした。

ずっと、大きな愛に甘えていた気がします。


今日の葬儀の時に想った事は。
また来世で会っても、松原社長の下で働きたい。そう思いました。

あなたが信じてくれた自分を、ずっと見失わずに、頑張ります。

あなたが信じてくれた未来を、僕もまた誰かに、引き継ぐ為に、

生きて行こうと思います。


ありがとうございました。
[PR]
by naotsugu_notsu | 2012-05-04 00:16
2012年度

ブログが更新どころか、TWITTERまでも止まり、
主に更新がFACEBOOKになってしまいました。
時代の流れに翻弄されている感じですかね。

ずっと、昨年の9月議会で提案をさせて頂いた事業が、
いよいよと稼働になっていて、正直 信じられないくらい忙しいっていうのが、本音です。


旧町村地域(今年は美保関)に若い人の力で活性化するという事で提案をしたのが、

「神と海の祭」

計画は着実に進んでいまして、地域×若者×行政みたいな感じで、
本当に素晴らしいお祭りになりそうです。


そして、商店街や中心市街地の根本的な存在や価値を見直す意味で、提案をさせて貰った

「土曜夜市」

こちらの方は、竪町商店街さんや55年会、エンタメ山陰などの若い人達と
一緒になってやろうとしています。
こちらは、松江市の本事業じゃないので、予算もなく、相変わらずの貧乏事業です。
ですが、この事業も必ず成功すると思っています。
今回の竪町をモデルケースに、来年度はこれを 4つの商店街を募集などして、
「土曜夜市プロジェクト」を展開しようとしています。
※だんだん食フェスタ方式の様に各商店街をサーキットするという事です。


さらに、さらに、もうひとつの中心市街地である京店周辺では、
いつもお手伝いをしている ライトアップ事業が展開されます。

「ニューオーリンズフェスティバル」。

イングリッシュガーデンで行われた 「プレ水辺の芸術祭」
フォーゲルパークで行われた 「ひかりのくに」
の第3弾イベントですね。
京店商店街近辺を、素敵にモダンな街に変化させる事が出来ればと思います。


そして、

水辺の芸術祭

は今年も開催されます。

今年は3連休の中日、10月7日(日祝)に開催されます。
これも少しづつ動いていますが、今年はさらに凄い事になりそうです。


そして、今年度の事業提案の最後を締めるのが、「松江の街コン」として提案をした

「神逢月 ~神在月、まつえは出逢いの街になる~」 

です。

色々と男女の出逢いが少ない中、出逢いの創出は当然ですが、
伊勢宮や東本町や京店などの中心市街地の活性化としても期待されます。
またこれは 「縁結び」 として 「観光商品」 が強く出ていますが、
そういった縁結びの観点からも、普通の街コンとは遥かにグレードが高く、センスある
「出逢い」 がプレゼンできればと思います。


直接にタッチする事業だけで、約5事業あるわけですが、当然 言いだしっぺとして
全ての実行委員会に責任を持って入っています。

その間を縫って、今年度(いわゆる来年度の事業提案)を
していかなくてはならないという。

また、先日には、IZAKAYA MEETING vol3も終わり、
「松浦市長 × 大学生 」 というテーマで、今回はやらせてもらいました。

そして、明日明後日は中国地方の若手市議会議員、島根県内の若手議員の皆さんを、
松江にお呼びして、松江研修会を開催します。


ここらへんが市民の皆さんの目につく所であって、



6月議会では新しく

メディア教育、不活化ポリオワクチン、空き家対策、玉湯町の新プロジェクト(美保関の次ですね)

などを提案する予定です、(ここから倍ぐらい提案を増やします)


イベント事業が目立ちますが、あえてシンボリックにやっているだけで、

こういったイベント事業から、多くの 「人」 が育っているのが、本当に分かります。

商店街 × 若者。
美保関 × 若者。
伊勢宮 × 東本町 × 京店
行政 × 若者

どんどんこういった掛け算や、足し算、またこういった所の
人材交流的な橋渡し的な事業提案はやっていきたいと思っています。

松江市は 「人」 も育たない様な、事業が多すぎます。
イベント会社に丸投げとか。

そういったもの。

本当に市民が参加出来るのモノへ色々と変えて行きたいと思います。
[PR]
by naotsugu_notsu | 2012-04-24 00:23
「命を紡ぐ」ということ。

一昨日は友人の結婚式でした。

隠岐出身のゴエさんとトモちゃんの結婚式。
僕がこのブログで書く事がいいのか、分からないけども、
トモちゃんは3年前に母親を亡くしました。
その時のトモちゃんの悲しかった姿を今でも思い出します。

結婚式でも、トモちゃんのお父さんは気丈に、明るく振舞っておられて、
本当に明るいお父さんでした。
とても仲の良い夫婦だったそうです。

もし自分が同じ立場だったら。
奥さんのクラさんを失い、空愛の花嫁姿も見れず。
父親になったからでしょうか。
お父さんの気持ち、亡くなられたお母さんの気持ち。
そんな事を考えたら、ともちゃんの最後のスピーチで涙が出ました。

「人」は本当に、どんな事からも「光」を見出すんだな、と思いました。

「人」はみんないつか死にます。
けど、肉体や魂は滅んでも、
人の喜びや笑顔や幸せは滅びない。

ずっと、ずっと、誰かに受け継がれていくんだと思いました。

トモちゃんのお母さんから生まれた 「喜び」 や 「幸せ」 は、
ゴエさんと結婚して、ゴエさんの笑顔に触れて、また新しい幸せを見つけました。
そして、お腹の中には、また お母さんと同じ様に、お母さんが感じた様に、
「新しい生命」 の誕生を待っています。

その新しい生命もまた、年をとって、
多くの人に出逢い、多くの喜びに出逢い、多くの幸せに出逢うんだろうと思います。

「命を紡ぐ」 って言う事は、こういう事なんだろう。
それは僕だって、空愛だって、みんなそうなんだろう。そう思います。

ゴエさんのちょっとたどたどしい姿。けどそれでも、みんなを笑顔にする才能。

2人が出逢えて、今日の日を迎えた事を、本当に嬉しく思います。

TOGETHER FOREVER FRIENDS&LOVER


e0073385_23113822.jpg


e0073385_23113987.jpg


e0073385_23114050.jpg

[PR]
by naotsugu_notsu | 2012-04-09 23:10
世界の理
色々な日本中、いや。世界中の街へ旅した事を思い出すと、
この狭い松江市で色んな人に出逢うと。
本当に色んな事がどうでもいいように思えるんですよね。

本当はどうでも良くない事なのかも知れないけど、
凄い小さいなと思っちゃうんですよね。自分の価値観も含めて。

ブラジルで「ファベーラ」っていって、貧民街で、
貧民街の子供達と一緒にサッカーをした事があります。

世界中で物乞いの子供達が手足を切り落とされて、
「物乞いという商売」をやらされているのを見た事が沢山あります。

イスラム教、キリスト教、カトリック、バチカン市国、仏教、儒教、
多くの人達が宗教に真摯に向き合っているのを見ました。


多くの事を知りたい。多くの理を知りたい。

そしてその上で、自分が出せる全ての答えを求めたいし、求めようと思っています。
[PR]
by naotsugu_notsu | 2012-03-30 22:26
向かうべき壁。

2月市議会が終わった日。

松浦市長と、
今年度で退職される唯一の女性部長の菅井市民部長さん
とお話をする機会がありました。

何の話からか、話は 菅井部長さんの退職の話から、
子供を4人も育て、また両親の介護も経験している菅井部長ですから、
ぜひとも行政の関わりのある仕事に残って欲しいという様な話だったと思います。


その流れから 「介護」 の話になり、
松浦市長も、「自分も経験しているが、本当に介護は大変だ」と。

松浦市長と菅井部長のお話を聞きながら、僕は言いました。

「けども、僕らの世代が50代になって、自分の両親が介護などを受ける時、
今よりも遥かに低い、社会保障サービスで、
自分の親の介護に向き合わねばならないんですよ」


少子高齢化・生産年齢(いわゆる”稼ぐ”人口)の減、
「税収」が減れば、今受けている多くのサービスが受けれないわけです。

介護施設の増、介護保険、国保、医療費、福祉、
国の予算の多くが 社会保障費に使われています。


今の予算、これを減らすのは、相当に難しいと言わざるをえません。

負担は増える、けども、サービスは減る。

今よりも、遥かに厳しい状況で、介護や社会保障という現場に挑まねばなりません。

これは、今の介護などの現場を見る限り、
将来、これ以上の負担を背負っていくのは、若い人達には不可能なんじゃないか?
と思えるぐらいのハードルの高さです。

この問題は僕らの世代は相当に深刻に考えて行かないといけない問題です。
[PR]
by naotsugu_notsu | 2012-03-29 22:43
ハルマツイブキ

ここ最近、フェイスブックの方が主流になっておりまして、
更新をそちらの方で行っております。

ツイッターの方も最近は、
陸前高田市の市長さんと同様の理由で、最近はやらなくなってきております。
しかし、移り変わる時代の情報社会の中で刻一刻と提供する情報形態は変わってきますね。


様々な事があった松江市議会2月定例会も終わりました。

宍道幼保園、土地開発公社、震災がれき、百条委員会、などなど、
ドタバタ続きの市議会でした。
執行部と会議場で直接やり合う事も多かった議会だったと印象に残りました。


いよいよ、新年度が始まります。

気温はなかなか上がりませんが、空は時たま、春らしく青空を見せる事があります。
議員になって、なかなか空を見上げる事がなくなってきて、
季節感や気持ちの余裕もないんですけど、
それでも、春が早く来て欲しいと願っています。
[PR]
by naotsugu_notsu | 2012-03-27 08:55
  

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Twtter
フォロー中のブログ
MIRAI ~未来の為に...
ファン
ブログジャンル
画像一覧