<   2008年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧
青春の思い出。

遂に、明日から。

COKEHEAD HIPSTERSとWRESLIMG CRIMEMASTER

が、復活ジョイントツアーです。

e0073385_18484993.gif


この二つといえば、俺ら世代には超青春です。

ちなみに、俺のイベントで初めて来てくれた県外のゲストバンドが、

このCOKEHEAD HIPSTERSとBRAHMANとBUCCIです!!

その頃は、あんまりBRAHMANも有名じゃなくて、

コークヘッドの前座でツアーに回ってたんですよ。


んでもって、カメさん率いるWRESLING CRIMEMASTERと一緒だってんだから。

たまんないっすよ。あ、カメさんは今年は隠岐に一緒に行くことになるかも。


大阪のライブに行きたかったんだけど、15日は飲み会の予定が入ってる。笑

だれか、次の週の岐阜ライブ、一緒に行きませんかね?旅行がてら。

イズミ君。行きたいでしょ?ジュンペイ君。行きたくないっすか?

東京も大阪も、シークレットで錚々たるゲスト陣が出るっつーし。

マジで岐阜にだれか行きましょう。
[PR]
by naotsugu_notsu | 2008-02-29 18:48
漫談。

ブイレックスで、エロコーナーが増床されたのには、大興奮したんですが、

名画と言われる映画達が少なくなったのは「…ちょっと…」でした。

…ま、トータル的には嬉しかったんですけどね…。

…いや…

…トータル的っつーか…多少…いや…相当嬉しかったんですけどね…。

ま、音楽やら仕事している時より、

エロDVDを探している時が、何より真剣です。

「英雄、色を好む」 …う~ん。良い格言です。。

ま、俺は「英雄」っつーか、「変態」なんですけどね。ハハ。


あ、、、今日、公園で、キスしてる高校生を見ましたよ。白昼堂々と。

「卒業を前にして、別れを惜しむ愛する二人」的な?

「離れてもいつか結婚しようね」的な?

「もうこの人しか見えない」的な?


残念です。10年後は違う人とチューしてます。そんなもんです。それが現実です。


…。否。



スレてしまったのは、俺だ。

つまらん大人になったのは、俺だ。

オレもああいう時期があったんだ。キスするだけで緊張していた日々が。

…あったっけ?

…よくよく考えれば、「北公園は我がテリトリー」とばかりに、

北公園でイチャイチャしていたカップルにロケット花火を打ち込んでいたような…。

自分がタバコを吸わない事をいいことに、タバコを吸ってるヤツをシバいてたような…。

ま、全部、ヨシカワタイジ君って人が「やろう、やろう」って言ってたんですけどね。


っつー事で、俺もそんな淡い青春時代があったって事。チャリで待ち合わせしてー。

ま、当時付きあってた子は、早稲田大学と、上智大学へ行ったんですがね。

…。なんで俺と付きあってたんですかね…?

ま、なにげにクラさんも進学校だし。

俺が知的だから、知的な女性を寄せつけるんですかね?

オレ、開星高校ですけどね。笑


ま、、なんか、高校生がすんげーーーーーーーー長いキスをしていて、

超ーーーー羨ましかったって事です。
[PR]
by naotsugu_notsu | 2008-02-28 18:14
書ノネ。

ちゃかちゃかと更新してくよ。

飲み会だけの「飲み日誌」みたいになってるから。


久々に、「ダライラマ」に関する本を読んでます。

e0073385_7231682.jpg


なんで今更、ダライラマの本に惹かれたのか分かりませんが、

久々に触れてみたくなりました。

んで、本と読むと、またオレが知ってるチベットとダライラマとは違う姿が見えてる気でいます。

読んだ本が違うというのが一番大きいのでしょうが、

年齢に応じて、感じ方、捉え方、モノの見方が変わってきたという事も大きいかと思います。

んで、その流れで。

こちらも久々に

「セブンイヤーズインチベット」

e0073385_7251219.jpg


をレンタルして見ようと思ったんですが、

ブイレックスでは、すでに無くなってました(泣)


今は、ホントにたくさんの本を読んでます。

そういう時期。

静かに本を読むのが楽しい時期なんです。
[PR]
by naotsugu_notsu | 2008-02-28 07:25
月曜日と火曜日。

毎日、誰かしらと遊び、お酒を飲んでおります。


月曜日は、サイダ君との飲み会。

相変わらず、目線が同じでいるようで、とても高いようで。

話が合ってるようでいて、合わしてくれるようで。

一緒にお酒を飲む人は数知れず、

だけど、一番、お酒が楽しく、美味しいのは、この人とのお酒です。

寝た我が子を抱いているサイダ君を見たんですけど、

それがギターを抱えてる姿とリンクしたんですが、

どんな曲を弾くより、どんな大事なギターを弾くより、

子供を抱きかかえる姿や目は、とても優しく、愛に溢れてました。


「トイレに行くから子供を抱いておいて」

と、渡された子供の寝顔は、

とても暖かくて、とても優しくて、とても無垢で、とても素晴らしいものでした。


俺らが辿り着きたいトコは、技術的な音楽の極みなんではなく。

自分が選んで、示して、進んだ、感情の答えです。

それが、ギターでなくとも、マイクでなくとも、

そこに、断固たる意思と決意があれば、本当にカッコ良いです。

10年間。

いつでも変わらず、俺の前を走っていてくれる事。

本当にありがとうございます。


んで昨日は、一転して、若者のタケイシとオネが、我が家へ。

タケイシとは珍しく仕事の話。

この一年、タケイシもオネも、本当に大人になって、グッと逞しくなった。

顔つきが変わって、オーラが変わった。それが、とても嬉しくて、楽しかった。

これからもっと、もっと楽しい思い、辛い思い、色んな思いをして、

どんどん素敵な人間になって欲しいと思います。

後輩と飲んで、幸せを感じるお酒が飲めた事。それにびっくりした。

ごく稀に、飲んでて、「漠然とした幸せ」を感じる飲み会が稀にあるんです。

年に数回か、そんぐらい。

それぐらい、俺には劇的だった、と思う。笑

ま、なにはともあれ、楽しい飲み会でした。


しかし、体がもたんぞ。

今週はのんびりしよ。と思っても、毎日、毎日。インアルコールエーンダパーチー。

一人酒をしない事が唯一の救いかな。

今日もお誘いがあったけど、今日はゆっくり寝ます。

おやすみ。
[PR]
by naotsugu_notsu | 2008-02-27 19:40
GIRLS PARTY。


昨晩は珍しく、我が家にて美人女性5人に囲まれてパーティーでした~~。

いつものイカ臭いパーティーと違い、とても良い匂いのするパーチーでした。笑

和やかながら、いつもと違った雰囲気で楽しかったっす。

傍から見れば、相当羨ましいパーティーだったでしょう。

ミカンもトモちゃんもアツコもニョンコも、みーんな良い人間です。

私は、男とか女とか、そういう括りで人とは接しない気でいるので、

やっぱり良いバイブスを発する人間には、惹かれていきますね。

豆乳鍋。うまかったっす。

こういう何気ない時間が、人を豊かにしますね。やっぱり。

んでもって相変わらず週末恋人ユッキーとの二股交際。


春まで、あと2~3週間。

もうそろそろ花見の段取り。だね。
[PR]
by naotsugu_notsu | 2008-02-24 18:57
MANYO FILMS


昨年末に行われた

米子・松江の若きクリエーター12人によるショートフィルム上映会

「MANYO FILMS」

e0073385_18144983.jpg


その一員でもあり、友達でもある遠藤くんが、そのDVDを送ってきてくれました。

上映会はもう終わってますが、

これからも、山陰を変えてくれるアートの波を起こしてくれるでしょう!!


俺もウカウカとのんびりしてる場合じゃありませんな。

冬休みも、休憩もそろそろ終わりです。


ホントはもうチラッと動いてるんですが、夏、ちらっと動いてます。

今年の秋も、ちらっと動いてみます。


しかし、

10年を超えて、イベントに携わっても、何かを成し遂げたつもりでいても、

まだまだ先は、答えは見えませんや。笑

欲求というのは、10代の頃のように溢れています。笑

性欲もね。笑

また今年も、みんなで楽しめるように色々と動きます。


PS 遠藤くん。DVDありがと!!またタエちゃんと飯食いに行きましょう!!



 
[PR]
by naotsugu_notsu | 2008-02-23 18:14
人生の分かれ道。

最近、文章が上手く書けません。(そんなに上手く書いてるつもりもないですが…)

何度も書いては、何度も消したりして、更新を滞らせています。


こう、、、、なんちゅーんすかね。


自分に出来る事。自分がすべき事。可能性と現実。未来と今。


なんかさ、色々あるじゃないですか。

タイミング的に、ここしかない気もするし、明らかに違う気もする。

進むか、進まぬか、みたいな?


正直、今。 ぶっちゃけ、悩んでます。

ま、けど、前に進もうとして悩んでいるのだから良いのでしょうけど。


んでもって、暗い気分で悩んでるんじゃありませんので、心配無用です笑

オレしかやらない様な気もするし、とんでもなく無謀な気もする。

けど、行かなきゃ、その道は分からない気もする。


俺はもう、次のステップにいかなきゃならない気がしてます。

人生という道は、いつも大なり小なりの別れ道があるのだろうけども。

正直、ここは、大きな人生の別れ道なんだと思います。


行くも引くも、自分次第。


この決断の答えは、半年後、ぐらいに。笑
[PR]
by naotsugu_notsu | 2008-02-23 07:31
日々常々。


そういえば、まだ俺。

「新婚旅行に行ってません」でした。


… … 「てめー結婚ネタをまだ引っ張るつもりか!!」 … …

というお声しか聞こえませんが…。

だってさ~~。

なにせね、人生、こういう”タイトル”がつかないと

なかなか長期の旅行なんて行けないもんなんですよーー。

なので、存分に使わせて頂きたいと思ってるんですよーー。

ホントは、ヨーロッパを回る方にグイグイ興味を持ってましたが、

今は、ペルー、インカ、マチュピチュ、ナスカ、ここらへんを狙ってます。

ま、いつ行くかっていうと。

こっちが楽しい夏場に行ってもしょうがないし、夏前に行くのは仕事的に厳しいし、

秋って事になると、先過ぎて、イライラするし。(ほんとは秋が色んな意味で理想)


行く時期すらも決めれず、イライラする毎日です。

今は、また新しいものを見たい気持ちで一杯です。

なんか、ホントにあれです。

最低でも年に一回は、知らない世界へ旅しないと、俺自身が維持できなくなりそうです。

昔は、ホントにこういう自分じゃなかったのに。

エジプトへの旅が全てを変えた気がします。

未知との遭遇は、今の自分を形作る、最重要ファクターです。
[PR]
by naotsugu_notsu | 2008-02-20 07:06
人を殺める可能性。


新聞によく載る、交通事故の話。

前途ある若い女性が、

交通事故によって人を殺めてしまう悲しい事件が、

この数年、松江でもたくさんありました。

被害者も、加害者も、その親族も、みんな、可哀そうな事件です。


なんでもない、ごくごく平和な日常を送っていた若い女性が、

ある日急に 「容疑者」 「加害者」 「殺人者」 になり、

なんでもない、ごくごく平和に日常を送っていた一般人が、

ある日急に、「故人」 「被害者」 「死亡者」 になる。


ほんの些細な、一瞬の隙間を縫って、人生は変わります。



俺らが普段の日常で、健常な精神を持っているとするならば。

唯一、人を殺めてしまう可能性のある行為は、


 「自動車の運転」のみです。


工事現場、作業現場で働いている人間は、

作業自体、それも可能性としてはあるでしょうが。


それを除けば、俺らの普段の生活の中で、

人を殺めたり、殺められたりするほどの危険な行為はそう多くはありません。


だれもが、「自分に限って」「自分はならない」と思っているでしょう。

けど、たぶん、事故した本人達も、そう思っていたはずです。


皆さんも十分に分かっておられると思いますが、

今一度、自分が利用している「自動車」は、

自分の生活の中で、唯一

「人を殺めてしまう道具」 「自分が殺められる道具」

になってしまう事、もう一度、改めて熟考し、車の運転には十分に注意して下さい。


俺も今一度、真面目に考えたいと思います。
[PR]
by naotsugu_notsu | 2008-02-17 17:18
暖炉の灯。


昨日は久々。

八雲にある「チーナカ豆」に行って来ました。

トルコ料理、チュニジア料理、モロッコ料理。

トルコ料理に至っては、現地のトルコ料理より美味しい気がします。笑

ちゃんと石窯で焼いたピザも美味しくて、

e0073385_147159.jpg


まず、なによりもロケーションがgood。



e0073385_147338.jpg


暖炉がとてもあったくて、とてもまーーたりした気分となりました。

ハッシー、愛ちゃん、タクヤ、ひなちゃん、ゆっきー、クラとの、

7人で行ったんですけど、大学生の様な感覚っつーの?

大学の山岳サークルに入って、みんなで飲んでるっつー雰囲気?笑

ま、よく分らんけど、そんなとても居心地の良い雰囲気でした。

ロッジ風だからなのか笑、そんな感覚になりましたよ。笑

雪も降って、ある意味、大変だったけど、

それが暖炉の魅力を引き立てて、なんかポワッと思い出に残る一夜でした。


食事が終ったあとに登場して来る、ラブラドールレトリバーのデリカ。

e0073385_1491248.jpg


とても人懐っこくて可愛いです。


もし「チーナカ豆」に行ったことのない方がいれば、是非とも。

「要予約、0852-54-2229」までです。

場所などはネットで調べて下さい。すぐ調べれますので。

昼間はカフェで、予約はいりません。

夜は、トルコ料理、チュニジア料理を中心としたディナーで、3000円です。

俺はお昼のカフェよりも、暖炉や石窯の灯が燈る、夜のディナーの方がおススメです。


あまり、行く所の少ない田舎の松江では、

恋人や、好きな人と行くには、結構おススメですよー。
[PR]
by naotsugu_notsu | 2008-02-16 14:09
  

Twtter
フォロー中のブログ
MIRAI ~未来の為に...
ファン
ブログジャンル
画像一覧