<   2009年 01月 ( 33 )   > この月の画像一覧
NORWAY

いつか行ってみたいです。

ノルウェーにある「氷のホテル」。

e0073385_17111022.jpg


e0073385_17112761.jpg


寒くてどうやって寝るんだ?と思うけど、

詳細は ↓ 。

ホテル内部の気温は常にマイナス4度からマイナス7度の範囲に設定されている。

氷のベッドには天然の完全断熱材ともいうべきトナカイの皮を敷き、

極寒使用の寝袋が用意されている。

外気がマイナス30度まで下がってもこの寝袋の中はぽかぽかだという。

寝ている間に冷えるのを恐れて着こみ過ぎ、

逆に暑くて汗をかくのが一番良くないので、

ホテルのゲストにはウールの下着とウールの帽子をかぶって

寝るようにアドバイスしている



だそうです。んでもって、

風がないから4~5分なら「スーツ姿」ぐらいでも笑ってられるんだとか。
[PR]
by naotsugu_notsu | 2009-01-31 17:10
松江の大嫌いな所。

俺はこの松江という街が大好きです。

しかし、この松江の大嫌いな所もあります。


日本全国、世界各国、様々な場所に行き、様々な人に触れ、分かった事。


それはこの街の人達の 「人間の閉鎖性」です。


新しいモノを拒み、培ったモノだけが正しいと信じ、

自らが「閉鎖的」であるとも気付かない人達。

特に50代・60代の方々。

当然、魅力的な方々もこの年代には多く存在する。

しかし、その反面、

閉鎖的な人も多く存在する。


残念な事に、それは松江の政経済会の上の方に行くにしたがって強くなる。


いつまで、「この街の論理」が、「いつまでこの街の人の論理」が、

全国・国際スタンダードだと思っているのだろうか?

世界に旅をすると、「日本人はあんまりモノを喋らない・内気」というイメージが強い。

と、言う事は、

その日本の中でも、トップクラスの閉鎖的な街であるこの城下町「松江」は

世界でもトップクラスの「閉鎖的な人間性の街」という事か?


それを自覚している50代60代の人が、この街にどれほどいるだろうか?

他の街から引っ越してきた人が、どれほど複雑な想いで過ごしているだろうか。


しかも残念な事に、50代の方々はモラルまでも低い。

コンビニの「車いす専用駐車場」。

偉そうにいつもドカっと停車しているのは、礼儀を知らない若者ではなく、

50代や60代の人達だ。

ダウンタウンの松本人志も、イチローも昔、言っていた。

「もっともつまらんのは、50代の世代の人達だ」と。

俺も最近、言っている気持ちは分からんでもないと思えてきた。


城下町「松江」が、その「閉鎖性」ゆえに、培った「素晴らしい文化」は確かにある。

「京都」しかり、「金沢」しかり。

閉鎖性がモノの流れを止め、人の流れを止め、「独自の文化」を生みだして行く。

これは必然で、歴史の証明でもある。

モノの流れ、人の流れが速い地域に、「独自の文化(歴史的文化)」は育ちにくい。

「大阪」しかり、山陰では「米子」しかりだ。

ただ、もう松江は、少し米子を見習ってもいいんじゃないか。

もう少し何かを受け入れてもいいんじゃないか?

自らの文化に「絶対の自信」を持っているのならば、

受け入れる事も可能なはずだと思う。

「人」も、「街」も、

自らの価値観が揺らぐから、新しいモノを拒絶する。

揺らぐ様な価値観だから、閉鎖的になるのです。

この街が「CHANGE」しければ行けない事は、

システムじゃなくて、街を形創る「人」である気がします。
[PR]
by naotsugu_notsu | 2009-01-31 10:23
まずは一つ。

さて、

「野津直嗣 マニフエスト2009」では。

「経済」 「若者」 「行政」 「政治」 「環境」 「教育」 「福祉」 「老後」

8つの項目でマニフェストを書かせて頂きました。

政治の事はもう一つのブログ 「MIRAI」で書く気だったんですけど、


「若者」施策については、

この事はこっちをよく見る皆様が興味があるかな、と思ってこっちに書きます。

それは 「市議会議員」という「議会人」としての役割というより、

「議会外活動」に近いスタンスになります。


「議会活動」 「議会外活動」 その、どちらにしても 「松江の為」 です。

これからの松江市議会は、

「議会外活動の重要性」 が俺はポイントになると思っています。

議会では市議会議員は、「34分の1」でしかありません。

しかし、議会外では、その価値は「34分の1」ではありません。

「0」になったり、「大きな1」になったりも出来るんです。

「議会外活動」。「松江市議会議員という肩書」。を、

そこをどう膨らませて、「松江の利益」に結びつけて行くか。

「予算がないと何も出来ない」 「一年生議員で権力も何もないから何も出来ない」

と、少し勘違いしている方々に 笑

「お金を使わない松江活性化」を全ての政策で、いくつか提示してます。


特に若者施策。

俺は、この13年間。

イベントやCDリリースをするのに、だれからもお金を貰っていません。

けど、それでも、何千万、何億使った、松江市の「定住化施策」よりは、

遥かに、若い奴らと一緒に楽しんだし、効果的だったと信じています。

それは出雲のサカネだってそう。

あいつの方が何倍も 「出雲の若い奴の為」になってると思います。


さて、前振りが長くなりましたが、

「若者へ向けた施策」のまずは、一つ。

最近のあまりの政治話題に、

「ナオツグらしくないんじゃないの?」的な事を思われた方も

おられるでしょうが、俺はちゃんとここは外しませんよ。笑

今年4月、当選すれば、

「市議会議員”で”」では無くて、「市議会議員”の”野津直嗣がやる」プロジェクト。


「1万人規模の野外音楽フェスティバル」の開催。


まず、出来る事から、元気になる事から、得意なジャンルからは逃げません。


「市議会議員”の”」がついてるんで、

これについては、「市のひっ迫する予算」を使う気はまったくありません。

若い人間は「市議会議員になる」と言うと、

さも「権力の中枢になる」 かのごとくに勘違いされますが、

「市議会議員」が持つ「権利」は、「34分の1の権利」でしかありません。

そんなモンなんです。

「34分の1の権利」では大きな予算を使う事は、一人では何も出来ない。その通りです。

大きな予算を使う事は、たくさんの市議会議員の方の「同意」がいるわけです。


しかし、たかだか 「34分の1の権利」 かも知れませんが、

こっちは、13年間 「20万分の1の権利」 でやって来たんです。

まして仕事もやって、悪く言えば「趣味の範囲」で、あれぐらい出来たんです。

「34分の1の権利」を与えてもらったら。日々の全てを 「松江の為に」使ったら。

「1万人規模の野外音楽フェスティバル」ぐらいはやらないといけないでしょう。

今までこういう事を書かなかったのは、「それぐらい」は当然やると思ってたからです。


それぐらいは、当然やって、これからは、

教育も、福祉も、経済も、老後も、もっと、もっとたくさん色んな人の

笑顔を作れる可能性があるワケです。

得意な事は残しつつも、たくさんの勉強をして行こうと思っています。


若い人間は、「松江の為に」とか思ってくれなくてもいい。

俺もそんな事なんか、ちっとも思ってなかったから。

若い人間は、福祉や、教育の事をダラダラと喋る俺に無理に興味を示して貰わなくてもいい。

俺も若い時は、そんな事をちっとも思ってなかったから。

自分らが、若い奴らが、楽しい事がありそうか、ありそうでないか、

それだけを気にしてもらえたらいい。

その上で、

俺はその期待を裏切る気はありませんよ。
[PR]
by naotsugu_notsu | 2009-01-31 09:09
多謝。

昨日は様々な場所にて、

市議会議員選挙のご挨拶をさせて頂きました。


色々な人達の支えに感謝。


こんな若造が、まず出来る事。

マニフェストには様々な事について、複雑に書いてありますが。

その心の根底あるのは、やっぱり、これしかないでしょう。

元気になろうぜ。松江。

笑顔になろうぜ。松江。


なんか良い事があってこその笑顔じゃない。


笑顔でいりゃ、元気でいりゃ、

なんか良い事ってあるんじゃないかな。

そう思ってます。


よっしゃ。
[PR]
by naotsugu_notsu | 2009-01-30 07:37
TOMOSHIBI WAXXY

最近、気になっているキャンドルアーティスト「TOMOSHIBI WAXXY」

キャンドルのゆらぎはいいですね。

e0073385_010369.jpg


e0073385_0102295.jpg


e0073385_01034100.jpg


松江でももっと大々的に「キャンドルナイト」をやればいいのに。

「リサイクル都市日本一を目指す」と掲げて「地球の為」を謳ってんだから。


まず、何よりも綺麗だし。

山陰のこの寒々しい感じの雰囲気には多分合うと思うですけどね。 笑 
[PR]
by naotsugu_notsu | 2009-01-30 00:10
HEY!! FUCKIN GUYS!!

あ~あ。

なんだかんだでこんな時間。


今日はほんの少しの時間の余裕を作って、

「supe」 と 「山嵐」 と 「UZUMAKI」のライブに遊びに行って来ました。

タケシありがとね!!

e0073385_3155856.jpg


supeのライブの模様。

ほんの20分ぐらいしか見れなかったんで、supeのライブしか見れなかったですけど。

相変わらず「外タレ」の様な音圧出してました。

良いライブでした。

あ。

e0073385_3161479.jpg


会場にいた出雲のBURSTの主催者のサカネ。

サカネも長いことイベントやってるね。こいつも残念なヤツなんです。

山陰 「残念な人の会」 特攻隊長です。

また近いウチにお前の家に行きます。泊まりで。ポン酒なしで。酎ハイで。

…。俺は最近「TOMATE」だからね。大好物。


俺のブログでは珍しい一人スナップでした。

これから出会った人、出逢った人、載せる様にしようかな。


さて寝よ。
[PR]
by naotsugu_notsu | 2009-01-28 03:17
チェゲバラ。

e0073385_725617.jpg


日曜日は「チェゲバラ」の映画を見て来ました。

しかし、似てんね…。笑  主演男優さん。

史実に忠実に描いてあった気がしました。

面白かったです。
[PR]
by naotsugu_notsu | 2009-01-27 07:25
次の明日。

ここ、 最近もずっと飲み会続き。

サクノ・ユッキー・山田くん・ノブやら、

アオトやら、

んで、昨日は、久々に、全員勢揃いの「ファミリーチーム」と

やわっちゃんバースディパーティー&新年会やら。

どの飲み会も楽しかったよ。



なんつーんかな。

やっぱり、やっぱり、やっぱり、思うんです。

「愛こそ全て」 by 矢吹くん。

って。

人間って素晴らしいよね。

泣いたり、笑ったり。

寒くなります。雪も積もります。山陰は日も差しません。

けど、それでも、みんなの傍に、少しの優しさや愛だけは必ずありますよね。

ほんの少しの優しさや愛で、人間は生きていける。


明日、雪が積もったら、雪合戦しよう。

明日、光も差さない曇り空だったら、その上には綺麗な雲海が広がってると想像しよう。

明日、何が起こっても、俺は幸せです。
[PR]
by naotsugu_notsu | 2009-01-25 23:49
I BELIVE。

みなさんにお配りする「政策パンフレット」ではなく、

ホームページ(3月ぐらいに作る予定)や、

企業の方々にお配りする用の、

「一冊」の野津直嗣としての「政策要綱」が出来がりました。

あとは、これを少しずつ、修正して、一冊の本にして終わりです。

一冊というぐらいだから、結構なボリュームで、


「経済」 「福祉」 「老後」 「観光」 「若者」 「行政」 「教育」


7つの項目で書かせて頂きました。

財源の確保、期日等を入れるべきマニフェストとは少し違いますが、

それでも、他の市議や県議の方とはまた一味違ったビジョンで描けたと思っています。


これで、固く考えたり、変な意味で真剣に考える事はもう終わりです。

2月から、本格的にギアがもう一段上がって、忙しくなります。

けど、それでも、あとは俺らしく、楽しみながら

あとは、選挙戦を、最大のお祭りを楽しむだけ。

様々な事は、あるのは分かってる。

けど、それでも、4月19日の夜が、全てを水に流してくれると思ってる。


だから、協力してくれるみんなも、俺自身も、

笑顔で、本当に最高に楽しんでやれればいいと思います。


このヒビノネを読んでくれてる人で、

応援してくれる人も、応援してくれない人も、

何はともあれ、松江の歴史を一つ変えたいと思うのです。

俺らの世代で、今、この人生を一緒の時間に謳歌しているみんなで、

この数十年、動かなかった歴史を、最高に楽しみながらサラッと変えましょう。

俺らは、強い。
[PR]
by naotsugu_notsu | 2009-01-24 18:02
SLIMUROYA BALL

もう告知しても良さそうだから、言っちゃうけど。


ムロヤ。


SLIMEBALL に正式に加入しました。



このプロモーションビデオはムロヤ加入前です。

PIZZA OF DEATHのHPでも告知あるのかな?

よく分かんないけど。


あいつを送り出して、はや何年。(正確に覚えていない)


熱帯の地、パプアニューギニアで「ラーメン屋(味噌ラーメン)を開く」と言って、

松江を飛び出してから、早数年。

パプアニューギニアで、やっぱり味噌ラーメンは売れなったらしく、

いつのまにか、東京でバンドマンをやってました。

んで、いつのまにか、SLIMEBALLに加入してました。

いつぞやの神戸までの「高速バス代」は、SLIMEBALLが今度こっちに来た時の、

ギャランティから引いていいですか?


しかし、あいつとは、本当によく飲んだな~(遠い目)

一番、色々と考えてた時期だったし、一番、熱かった時期だったかも知れない。

今、俺がこうやっていられるのも、アイツがいたからって感じも…するっちゃする。

あいつがあの時点で、EQUALをやるって言ってくれなかったら、

あの時点でもう俺はバンドをやらなかった気が…するっちゃする。

あいつのおかげと言えば、あいつのおかげの様な気も…するっちゃする。


うそ。


あいつの頑張りは嬉しいね。

東京には、様々な素敵な大先輩達がいます。

もまれて、楽しんで、今しか出来ない事をやってくれー!!

俺は嬉しいよ。

…。だから、テメー、帰ってきた時ぐらい連絡しろよ。ぼけ!!笑


いつのまにか、PIZZA OF DEATH RECORDS所属のアーティストになってしまった、

ムロヤ”無一文で神戸に行った”シンタロウ。

e0073385_9451873.jpg


どうしてこのカッコになったかは、下をクリック。↓

「ムロヤ。ドッキリスペシャル」
[PR]
by naotsugu_notsu | 2009-01-24 09:50
  

Twtter
フォロー中のブログ
MIRAI ~未来の為に...
ファン
ブログジャンル
画像一覧