<   2011年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧
議会の内情
今日は久々に怒りが爆発した。怒った本人にだけではないが、
そいつには、あまりにもよく調べずにtwitterでよくデタラメの事を書くので怒った。

前々から発信するツイッターの情報がおかしいのがあった。
けどいちいち言うのもどうかと思って言わなかった。

けどまあ、ガマンの限界だった。

今回の部分に関してはどう考えてもおかしかった。

一つのきっかけになったのは、
そいつのTwitterで紹介してあったTwitter。

そのTwitterには昨日の総務委員会の事がかいてあった。

今回のそもそもの発端は、昨日の総務委員会だった。

昨日、総務委員会にある一件の陳情が出された。

端的に言うと、原発の安全対策協議会に「公募制」を入れてくれ。という陳情。

俺はたまたまその日、陳情を出された方が議会におられる時に偶然に議会にいた。


その方は、私の事を知っておられた様で、私は話を聞いた。

まして私は総務委員会の副委員長。つまり所管の委員会。

全員協議会中の会議中であったが、その方のお話を真摯に聞いた。

おっしゃる事はごもっとも、僕もその意見です。という旨を告げた。

そして、陳情書は出されて、

会派の中で、
「現在はどういう構成で、どういった形がとられているのか?」
「また公募制というのは、要綱上、可能なのか?」 
そう言った事を執行部(担当部局)から説明を受けた。

私達の会派は、どんな陳情や請願であろうが、
必ず、委員会が始まる前に 「部会」 というのを開く。
例えば、前回で言えば 「TPPへ反対の意見書を」 という要望が農協から出された。
その際も、担当部局を呼び、「現在の状況」 「執行部の判断はどうか?」というのを
参考意見として聞く。

幅広く意見を聞いて、請願や陳情をなるべく正しい判断をする為に、多くの情報を得る為だ。

今回もそうだった。


陳情者が 「公募制の理由」 としたのは 「審議会」の要綱。 

審議会には公募制を入れる様に。という一文が入っている。


ところが、原子力安対協は審議会の要綱には当てはまらない事が、
安対協の設置と運営要綱に定められ、公募はしないと確かに書いてある。

つまり、現在の要綱に当てはめると陳情者の今回の陳情は不採択となる。

しかし、私達の会派では、原発がこういう状況で市民の声をもっと入れようという事で、
この問題を 「公募制を入れる事も前向きに検討しよう」 という結論に至った。

ところが、現在の要綱では入れない。

そうすると、現在の要綱を改定しなければならない。
では、今一度、どういう改定の仕方が良く、市民の公募制を取り入れていけるのか、

時間が必要という事で、「継続審議(次回に向けてもう少し審議しましょう) 

という結論が取られた。

ところが陳情者の方は、

執行部の 「現段階では公募は出来ない」 の一言で

(あくまで「現段階」の要綱では無理です、という意味)


議論の途中で退席、

委員長の許可なく発言が出来ない委員会の中で、

(これは議員も執行部もその委員会や委員会の部屋にいる人達が全員対象)

委員長の制止も聞かず、独断で発言を続行。委員会室は騒然となった。


松政クラブは、事前の部会の中で、今回の陳情案件に対し、採択の方向を大にした
前向きな意見を言おうという準備をしていた。

またそれを部会の中で、私もその方の想いを背負った責任の上で、
採択をする様に部会の中で発言した。
また、田中議員もほぼ全ての議員もそういう意向で部会の結論を終えた。

そしてそれを代表して、委員会で、田中議員が前向きに検討する様にという一言を付して、
継続審議となった。

しかし、俺はその後、その陳情者の方が興奮しておられて、

勘違いをしておられたので委員会終了後、一人で丁寧にお話に行った。

なぜか。

あの委員会という執行部や、議員に囲まれ、
一見 「偉そうに」 見える態度や環境の中で、
普通の市民の方が、文章を作り、あの場に出て発言をする大変さ、
また想いの深さにちゃんと応えなくてはいけないと思ったからだ。

他の議員さん方は、慣れているのかも知れないが、俺は慣れていない。

普通の市民の方がどれほどの想いで、あの場で発言をされておられるか。
想いを馳せたからこそ、ルール無視とも言える副委員長が一人の陳情者の方に
終了後、会いに行ったのだ。


「これこれこういう経緯で、私達は採択に前向きです。その為の継続審議です」 と。

怒り心頭の興奮されておられる陳情者の方を前にして、そう言った。

少しでも安心して貰える様にだ。


しかし、想いは伝わらなかった様だった。


その方の今日のツイッターには、某若手議員と書かれ、

その発言すらも委員会は「出来レース」の様な事まで書かれ、

昨日の総務委員会の模様が、その人の目線で、

非難的とも言われるコメントが書かれていた。


今回、特に 採択に向けて、協議が進もうとし、努力しただけにとても残念に思った。


政治家も人間。


私は、総務委員会の副委員長として、初めての役職、そして役職後、初めての陳情として、

陳情者の方と一人の人間として向き合ったつもりだった。

それならば、その時に言ってくれればよかった。

とことんまで話合っても良かった。

後からツイッターで後ろから背中を刺された気持ちだった。


行政がつまらん。議会がつまらん。気持ちがわからん。

そういう面は多々あるだろう。

しかし、行政は、市民一人の為の行政では決してない。

20万人という多くの市民が住み、多くの価値観があり、多くの人達の想いがある。

誰もが、一人の思い通りになんかならない。

選挙という公式な方法で、無職になる覚悟で、選挙を戦い、

多くの友人達や市民の人達の想いで選ばれた私達議員も、

また市長でさえも、「一人」の意見など通らないのだ。


ほんの少しづつ、価値観が交差し合い、前進しあい、

みんなは一人の為に、一人はみんなの為に、という

届かぬ程、崇高な精神を追い求めて、

街は動いているのだ。


今回の件は、人間的にとても悲しかった。
[PR]
by naotsugu_notsu | 2011-06-28 22:02
お知らせ

現在、野津なおつぐホームページの方がリニューアル中です。

ブログの方はご覧になれますが、ウェブサイトの方は一時閉鎖をしております。

また追って、ウェブサイトが完成次第、アップさせて頂きます。


松江市議会議員 野津直嗣
[PR]
by naotsugu_notsu | 2011-06-26 21:51
松江の食のご紹介。
今回のブログは一番リクエストが多い笑
松江の美味しい食のご紹介特集。

先日、久々に行った島根町の
『美香蘭』ラーメン
e0073385_9484312.jpg

この近年の人気ぶりったら凄いですね。
島根町で行列をつくってしまうほどです。
もうかれこれ16年前からの大ファンです。
コストパフォーマンスだとここが1番!!

んでもって松江のラーメンといえばここ。
『太平楽』ラーメン
e0073385_9483344.jpg

ここは小学校の時から通ってるなぁ。笑
もうかれこれ20年?笑

そして市役所周辺の名店『西湖』
なんでもうまいんだけどここのチャンポンは絶品。
『西湖』チャンポン
e0073385_9483995.jpg



んでもってこちらもよく食べる
ご存知、松江の中華料理の人気店
『桃仙閣』の中華飯
e0073385_9484736.jpg

リョウジにはいつもお世話になってます。
横のブログにもリンク貼ってあるんで
チェックしてみて下さい!

そしてコロッケといえばここ。
『きたがき』のコロッケ。
e0073385_9485114.jpg

はっきり言って全国最強じゃないかと思います。有名だしね。

それに対抗しまして
松江のアンダーグランド知る人ぞ知るのが
このコロッケ。
雑賀町の『とりせん』の
コロッケとメンチカツ。
e0073385_9485454.jpg

きたがきとはまた違いますが、
松江通は知ってる隠れた名店です!

んでこちらがそば。
『八雲庵』の鴨そば。
e0073385_9485853.jpg

観光客にも人気ですし、
かもの優しい味が出ています!

こちらはカレーの
『亀屯(キートン)』
e0073385_949138.jpg

僕はガラムマサラにもよくいくんですが、
キートンも人気。確かに上手い!!

色んな美味しい食が松江にはあります!!

どんどん地元でお金を消費して下さいー!笑

また食の特集やりまーす!
[PR]
by naotsugu_notsu | 2011-06-26 09:30
土曜日。

ちょっと疲れが出ました。


本日も、会議、会議、会議。

エネルギー問題についても、少し説明を聞き、勉強もしました。

夜は、「中小企業政治連盟」 という知らない方にはちょっと怖そうな名前ですが、

松江市の企業の社長さん方が、政治的な活動をして行こうと言う趣旨の元で

結成された由緒歴史ある、会 です。

今回、若輩者の私がそこの 「相談役」 という事で、この度就任させて頂きまして、

本日は総会・懇親会をさせて頂きました。

2年前まで、いちサラリーマン、いちゴミ収集作業員だった自分が、

この職業になって、名だたる社長さん方に囲まれる事に、違和感はまだまだありますが、

そういった環境や経験をまた多くの若い人へ繋げていくのも自分の役目なのでしょう。


そして、その後、俺の人生の中でも本当にいつも困った時に助けてくれる

ロックDJクルーの180クル―のみんなのイベント「ラウドスピーカー」に行ってきました。

よく考えたら久々のライブハウスだったなあ。。

いいね、ライブハウス。


180(ワンエーティー)のみんなに会えてちょっと顔を見て嬉しかったです。

ふとほっとしました。

しかし、社長さん方から街のチンピラみたいな奴らとの邂逅。

このギャップがヤバいです。笑

けど、どっちも今の自分には大切なモノ。
[PR]
by naotsugu_notsu | 2011-06-25 22:36
いよいよ登壇。

明日、24日金曜日のお昼1時より 一般質問に立ちます。

ブログで書いている様な事を、市長にぶつけようと思います。


施策提案じゃないけれど、任期4年の折り返しです。


東日本大震災、原発問題。


日本が抱えるこの国難に対して、

もう一度、気持ちでぶつかりたいと思います。

マーブルテレビでも生中継です。

再放送は明日の夜7時半~8時頃じゃないかと思います。
[PR]
by naotsugu_notsu | 2011-06-23 23:06
尊いということ。
人の「幸せ」や「不幸」なんか、どこにでも転がっています。

日本では、

毎年、毎年、東日本大震災を超える なんと 3万人 もの人が人生に絶望し自ら命を絶つ。

日本では、

毎年、毎年、5千人もの人が交通事故で、当然、その命を失ってしまう。

日本では、

毎年、毎年、5千人近くの 新生児・乳幼児が、未来を見る事なく死んでしまう。


これが現実。


原発に目を向けるのも当然。

けど、

もっと医療が発展すれば、もっと車の安全性が高まれば、

もっと教育がしっかりしていれば、もっと経済が安定していれば、


死ななかった命だってあったんじゃないか?


全ての事に関心を持ち、全ての事に共感する。

そんな事は無理だ。

そんな人間離れした事はできやしない。

けど、手が届く事、目に見える事、知った事ならば、

どっか、頭の片隅に置いておいて欲しい。


普通の毎日?


それがどれだけ尊いか、それがどれだけ幸せな事か。

今、生きている人は幸せです。
[PR]
by naotsugu_notsu | 2011-06-23 22:56
実現力。

正確な情報を教えていいのか分からないけれど。

来年、再来年とどんどん 松江は話題を集めると思います。


1、松江中心市街地での大コンパ大会(名称未定)

2、美保関・八束・島根・鹿島・八雲・玉湯・宍道・東出雲などの旧町村を回るイベントサーキット。
  文化財(例・美保神社や熊野大社・青石畳通りなど)と若い人達のコラボイベント。

3、2012年、日本酒発祥の地「しまね」で、日本酒の大きなイベントを開催予定。

4、2013年、20歳の成人式ならず 「30歳の成人式」と銘打って大規模なイベントを開催予定。


これ、全部、松江の若い人達からの発案・企画です。

行政頼りにならず、自らが 「実行」 する力を持っている構想です。

俺が責任を持って、行政の支援を取り付け、必ず全部成功に結びつけます。

政治家、冥利に尽きる。


どうよ。

これが松江の若い人達のパワーだ。


みんなが、正々堂々と投票行動によって、市政のど真ん中

「議会」に俺を送りだしてくれたから

みんなの声を、しっかりと「実現」に結び付けれるよ。


みんなのやりたい事。

どんどん実現させよう。
[PR]
by naotsugu_notsu | 2011-06-22 23:34
財政と食。
e0073385_8253284.jpg


画像データで汚くてすいません。

増え続けている赤い線が、「税金支出」 です。
そのうちの4割が「医療費・扶助費・教育費・社会保障費」などです。
そして逆に下がっているのが、みんなが払う「税収」です。
平成3年を境に ラインが乖離していっているのが分かりますよね?
つまり、国民は、自分達が払う以上のサービスを国に受けているって事なんです。
ん?感じない?みんなが普通に使っている道路だって、介護や医療だって、
全部税金の支出です。

赤い棒グラフが特例国際つまり借金ですね。
年々、借金に頼って国民にサービスをしているんですよね。
これのほとんとが社会保障費の借金です。

水色の棒グラフが4条公債つまり建設借金です。
道路なんかの維持補修費も含めて、実はほぼ公共事業費がないと分かるグラフです。

これが今の国の現状です。


難しい話をしても、イヤになるでしょう。食の話でも。

e0073385_8253651.jpg


市役所近くの 「西湖」 のチャンポン。 旨いです。


e0073385_825416.jpg


そして からあげ と言えばここ。

川津にある 「田園」 のからあげ。旨すぎます。
[PR]
by naotsugu_notsu | 2011-06-22 08:27
6月議会一般質問

議会は、議案精読の時間を頂いて、明日から一般質問戦に入ります。
今回は、東日本大震災と原発問題が多数。
けども、まだ島根県も、松江市も、何も答えは出さないと思います。

いずれにせよ、情報の出方がとても少ない。


国策であるならば、

■ 代替エネルギーと論評される自然エネルギーでケア出来るものなのか。

■ 地元立地自治体が 「再稼働」 の支持が無ければ
  この1年半の間に「日本の原発全停止」というシナリオが高い確率で起こる事。

■ それ現実になればエネルギー価格の上昇・
  電力会社関連株の下落(現在総額20兆円前後)・
  製造業のコスト高・生産量減産・による日本経済が2度と浮び上れないほどの
  ダメージを受ける事。

■ 税収減による社会保障費・扶助費・民生費・公共事業費・地方交付税の低下。

そうなると、復興費どころか、グウの出もでないほど、日本は終わる。

■ そして失業者が増えれば、さらに社会保障費は増える。


中国は原子力エネルギーを使い、危険を顧みず、
製造業においても有利な立場を保っていくでしょう。

そうするとコストがかかる日本の製造業は、より国際価格において勝負にならず、
日本の農業どころか、製造業まで潰れてしまう。

火力と水力のみで、日本のエネルギーを賄えるというけれど、
まず、「賄える」 という事と、安いエネルギーを使用している(電力発生時)という事とは違う。

中国電力管内=15%前後、
四国電力・九州電力・関西電力は原子力エネルギー依存率が
40%を超える高い数字で依存しています。

中国電力管内は、この夏はケア出来るでしょう。

しかし、工業地帯がある瀬戸内工業地帯、関西の製造業のコスト高をどうしてケアするのか。


そういった議論がしっかりなされないと、

国民の判断が取れない、そう思います。

原発で日本が潰れるか、先に経済で日本が潰れるか。
[PR]
by naotsugu_notsu | 2011-06-21 08:04
がんばろう日本。

夢を見た。

高校時代の友人たちとの夢。

珍しい夢だった。


久しぶりにヨシミツやクロに会いたいな。

同じクラスの女性のシノダさんも出て来たな~。

シノダさん益田からブログ見ててくれてるって聞いたけど、

まだ見てくれてんのかな?


先日は珍しく、以下の様な東京新聞の記事を会派の先輩にコピーして配りました。

e0073385_76234.jpg


子供はダメだよ。

原子力エネルギーが必要か不必要かっていう問題と、

この問題は違う。国家の悪い面が出ていて、もはや国家の概念を超えようとしている。



けど、この記事を見ながら、先輩方に知って欲しくて、記事を配りながら、

少し複雑に思ってました。



「子供を救え」 「福島の人を救え」 と言う。

それ自体は当然の想いや行動だと思うけど、

本当に救わなければならなかった人は、時代の中にたくさんいたんだよ。



難病を受けながら、高額な医療費を払いながら難病指定を受けれなかった人達。

病気であるにも関わらず、長い年月を賭けて訴訟までして闘って

人生の輝きには遠く及ばないわずかの補償金を貰ったB型肝炎の患者さん。

国家の為にトンネル工事に従事し、塵煙を吸い、大きな障害を持ったり、

亡くなったりした方々。


新聞を良く見れば、多くの人が闘っているんだよ。


福島の子供達を救いたいと思うと同様に、

本当に多くの人が、困っている人が、

病気の症状が出ている人が、

誰かの救いが欲しくて、誰かに知って欲しくて、世の中に動いて欲しくて、

世間や社会は無関心を装って、今まで多くの人を殺していたんだ。


税収がたくさんあれば、多くのお金があれば、全部、「保障」 できた。

「国」 が面倒を見る事が出来たんだよ。

「国」 とは誰だ? みんなだよね。


みんなが頑張って、仕事として税金を落として、

困っている人に分け与える事が出来れば、

多くの人を救えていたのだと思います。


「がんばろう日本」。


みんな、何を頑張ってるんだろうか?

みんな、何を頑張るか知っているだろうか?
[PR]
by naotsugu_notsu | 2011-06-20 07:09
  

Twtter
フォロー中のブログ
MIRAI ~未来の為に...
ファン
ブログジャンル
画像一覧