<   2011年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧
若い議員の存在理由とは何か?

よく他の地方の若い議員の方々とお話をする時に、ふと疑問に想う事があります。

それは、「若いから何?」 って事です。

これは市民の多くの人にも言える事です。

「若いから慣習を破って、どんどん突破して欲しい」 
「若いチカラでどんどん市政を引っ張っていって」

よく言われます。

しかし、「若い議員」 がいるだけでは、何一つその街は変わりません。

今後数十年に渡って、この街の未来に責任を持っているであろう
多くの若い人達の意見や、提案を、また、その想いを、

救える、また届けれる仕組みや想いを、
この街の人達や、この街の行政が持っているか?という事なのです。


みんな、抜けてるんです。


僕は、今、若い議員が 「若い」 と胸を張っていうのであるならば、
このシステム作りからスタートさせるべきだと思っています。

はっきり言って、街の巨額な予算(みんなの税金)が使われる施策には、
未来にその責任を負うであろう、20~30代の意見は、微塵も入っていません。

そういった20~30代の「声」を 「恒久的に届けるシステム」 を創り上げる事こそが、
突破口を開いた自分の役目であり、若い議員の役割なのです。


はっきり言って、現在の市議会の様に全ての先輩議員さん方が、
「地域」 か「組織」 かの支援を受けています。
プラスアルファーで、自らのコネクションの中で票を積み上げ、当選しています。

僕の様に 「基礎票」 と言うモノが無い人が、議会議員になる事はこの狭い松江、
ガッチガッチの票が決まっている松江市で、イレギュラーに選挙に受かる事は、
とても難しいです。

私は幸運にも、イレギュラーな存在と、多く個人的なつながりの支援の中で
「運良く」 「当選」 出来た。

誰か一人のこんなイレギュラーな男を待つ松江では無く。

恒久的に、若い人達の声を現実のモノにしていく、システムがいる。

行政に都合良く、「市民の是」 の口実に取られる審議会の様なモノではなく、

現実的な予算と、現実的な施策提言、そして「実行力」 と、
この街に対して、「影響力」 を持つ 若い人達の 「大きな団体」 と 「システム」 がいる。

それの一つが 「青年会議」 設立の目的でした。

狙いは、「若い人達の団体」の「連合部隊」 です。


「シンポジウム」 「審議会」 など、様々な意見を聞き、学ぶ事は大切です。
しかし、結果的に 「何をやって行くか」 
結局、「見える事」 をしなきゃ、行動を起こさなきゃ、
市民の人達には、行政と一緒で 「若い人達が頑張ってるな」 と伝わらないわけです。

来年、色々と青年会議でも見える事をやって貰う必要があると思っています。

はっきり言って、このシステムさえ理想通り機能してくれれば、
「若い議員」などいらないのです。

議員は地域の人達の声をつぶさに聞く、「地域代表の市議会議員」 で
僕は良いと思っています。

このシステムを作り上げる事が出来たら、
僕は議員を辞めてもいいとすら思っています。

ゴミ収集しながら、松江100人委員会の一員として、
松江市をもっと良い街にして行く。
それでも構わない。そう思っています。

政治家になりたいから、このポジションにいるワケじゃない。
この街の為に何とかしたい。ずっと笑っていける街や未来を残したい。
その為に、今、何が必要で、何が出来て、何をすればいいのか。
出来る事、やれる事、見える事、
限られていると私は思っています。


青年会議は、たぶん、「通常」 でしたら、「行政に体の良い審議会・交流会」 の様な
「イロモノ」 で終わるでしょう。しかし、「イロモノ」 では終わらせない。
ここにしっかりと 権限と行政がフォローアップと政策立案して、政策財源を、
持ってくるようなシステムにする事が、「若い人達の声を聞く」事だと思っています。


ゆえに。

若い人達には、自分達の行動力とアイデアで出来て、
世代を超えた多くの松江市民の為になる事であるならば、
どんどん提案して欲しい。そう思います。


まあ、いずれにせよ。

来年、色々と新しい大きな仕掛けをまたして行きます。
[PR]
by naotsugu_notsu | 2011-07-31 23:16
そんな名前。

子供の写真を見ながら、ずっとニヤニヤしています。

なんだかなあ。

「空」の様に、晴れや、曇りや、雨の日や。

色んな時代が移り変わっても、どんな状況でも、

心にずっと、「愛」 だけは持っていて欲しいと思います。

そして、やっぱり 「空」 ってデカイんだよなあ。

そんな名前を考えてます。


あんまり子供の事を書き過ぎると親バカになっちゃうので。

子供の事は、あとは名前が決まった時ぐらいにしておきます。笑
[PR]
by naotsugu_notsu | 2011-07-30 02:38
welcome to wonderfullworld
子供が生まれました。
女の子。
出産に立ち会って、初めて気付いた感情が、たくさんあった。
たくさんの友達から言われてた言葉。
けど、なんか実感湧かないよね。多分。

『生まれて来てくれてありがとう』

って本当に素直にそう思えたよ。

ここまでいろんな意味で、色んな日々があった。
この半年は本当に辛い日々だったよ。
あなたを、大事に、大事に、思えば思うほど、
自分自身の不甲斐なさが辛くなる。
自分自身の病気にやり場のない怒りをぶつけていたよ。

ずっとそんな日々だった。

クラさんのお腹が膨れて、
あなたの存在が大きくなればなるほどに
進行して行く自分の病気。
反比例するあなたに対する親としての責任。
あなたに親として当たり前の事をやってあげたいという気持ち。

自分のやりきれなさだけがずっと心に残ったよ。

どっか。

昔に帰った様な、トガッた感情だけが
心に突き刺さったままでした。

孤独な、やりきれない海外での難病の手術で
真っ暗闇の病院のベッドの中で、
心の支えになったのは
あなたのエコー写真でした。

まだ会った事のないあなたのエコー写真に
触れて、眠るとふっと
手術も何とかなる様な気がしてました。

自分が進行性の難病だと知ったのは、
あなたの存在を知った一週間後。

どんな運命だったのかなぁ。

けど、生まれて来て、
クラさんの体から、あなたが出て来るのを見た時。

なんかどうでもよくなったよ。

そんな事。

それぐらい。

涙だけが、本当に何か分からない涙だけが、

溢れて、なんとかしなきゃ。っていうより、

『ありがとう』って気持ちが強かったよ。

あなたを幸せにしたいと思うよ。

そして多くの親の様に、

あなたに気付かされ、あなたに教えられ、

あなたに俺は成長させられるのだろうと

思います。

一緒にのんびり、歩いていこうね。

e0073385_044238.jpg



この世界はちょっと醜くて、ちょっとだけ汚れた事もあるけど、

それでも、あなたが生まれてきた世界は、

49対51 で、素晴らしい世界だと、おれは思っています。


welcome to the wonderfull world
[PR]
by naotsugu_notsu | 2011-07-28 23:39
諸々とすいません。

twitterを始めたらつぶやき過ぎて、ブログが滞る様になり、

twitterでつぶやき過ぎたら、twitterでつぶやくの面倒臭くなり、(笑)


結果的に情報発信が滞ってますね。すいません。


もうそろそろ水辺の芸術祭の色々発表が出来るかも知れません。

出演者など。

全てが最終的なツメの段階です。


去年、ある程度の経験をしたので、予測がついているぶん、

なんかのんびり構えていたり、病気の事でドタバタしてたんで、

本当に準備が遅れています。こちらもすいません。


子供も予定日を過ぎているんですが、お腹の中の居心地がいいのか、

まだ顔を見せてくれてはいません。笑

自分のタイミングで生まれて来てくれればいいと思います。


まあ、そんな個人的な事より色々と報告しなきゃならない事があるんですが。


あ、松江市青年会議の事とか。

明日ゆっくり説明しますね。


こう、のんびりしてて、不意を突いたり、驚かしたりするのが好きな私なんで、

ブログも急にまたピッチが上がるかも知れません。笑
[PR]
by naotsugu_notsu | 2011-07-23 17:52
名刺
e0073385_15341838.jpg


最近貰った名刺を整理。
もはや誰と誰に会ったかなんて
ほぼ覚えておりません。笑

けどもこれだけ多くの人と言葉を交わし、
出会ったのだから、

もはや自分の人生にはもったいないほどの
人生なんじゃないかと思っています。
[PR]
by naotsugu_notsu | 2011-07-21 15:34
つむぐ。

歳を食ったからかなあ。。

まだまだ20代の奴らには負ける気がしない。なんて思ってはいるけど、

友人の子供達や街のいたる所でみる子供達を見ると、


「この子達が、大きくなって、たくさん友達を作って、たくさん恋をして、

たくさん遊んで、たくさん笑って、たくさん悲しんで、たくさん人生を謳歌して行くんだな。」


そんな風に思います。


そんな風に、時間は動いて、歴史は動いて、時代は動いて、


僕も、また、僕の父や母も、また祖父も祖母も、

そうやって生まれた 「つむぎ」 の中に、生かされて来ていたんだな思います。


そうやって生まれてきて、恋を知り、愛を知り、喜びを知り、悲しみを知り、

そして次代にその「種」を残して、死んでいく。


この数千年、繰り返してきた、「必然」 のサイクル。


俺等は何の為に生きてるか。

俺等が笑って来て、この国で生まれ育った様に、

次の世代にそんな笑って過ごせる環境を作ってやる為だけに

俺等は存在しているんだと感じます。
[PR]
by naotsugu_notsu | 2011-07-20 17:28
松江テルサでイベント!!

今週末は松江テルサで面白そうなイベントありますよ~~。

e0073385_10212517.jpg


障がいを持った方々の施設 「ピーターパン」 が主催するイベントです!!

凄いよね~。

久しぶりに良いイベントそうだ!!

みんな昼間からドンちゃん騒ぎしても良いんじゃない??

ピーターパンの皆さん、がんばってくださいね~!!!
[PR]
by naotsugu_notsu | 2011-07-20 10:25
幸せ

先週の日曜日は、結婚式の二次会がダブルブッキング。

一つ目は、我が弟のコウジとカズエちゃんの結婚式の二次会。

e0073385_17575852.jpg


そして二つ目は、友人”かもしれない”キッシーと優しい・優しい いずみちゃんの結婚式の二次会。

e0073385_1758339.jpg



タクシーを乗り継いでの会場移動に次ぐ、移動となりました。

最終的には、コウジとカズエちゃんの三次会にてフィニッシュ。

e0073385_1758844.jpg



なんだかなあ。

やっぱり人の幸せっていいよね。

みんな 「一人じゃない」 って感じするもん。

みんな誰かと繋がってて、みんな誰かの事を想ってるんだよね。

そんな事が実感できます。


ちなみにキッシー夫婦はどこへ新婚旅行へ行くのか知りませんが、

弟夫妻は、昨日から沖縄へ行っています。羨ましい。



私は奥さん出産間際ですから、早めに帰宅しました。
[PR]
by naotsugu_notsu | 2011-07-19 18:00
コラム 「知らない国民」

311以降、「絆」や「つながり」と言ったものが大事にされ始めてきた。

と、世間ではよく言います。

日々、そういったものが 日本の大事な文化であると言って来たり、
このブログで常々それを書いてきた自分にとっては、
あれだけの悲しい 「痛み」 を受けないと、気付かないのか。。。
とすらも思います。

「絆」 や 「つながり」 日本に必要だと思います。

しかし、それは薄っぺらい様な、モノじゃなく、
辛苦 が伴った 「絆」 や 「つながり」 で無ければなりません。

「田舎で暮らす」 「スローライフ」 「価値観の変化」 「共生社会」
「絆」や「つながり」と言った言葉が基調にある様な言葉がメディアに踊り出る様になりました。
けど、今の日本人が受けた教育と環境では、
僕は出来ないと判断しています。

共生?何と共に暮らすんでしょうか?自然? 
昔から自然と共に暮らしている田舎の人達はそんな事は絶対に言わない。
自然と共生するという事は、突き詰めれば
死生観、死の在り方、の話になっていくんです。


自分一人、夫婦2人が田舎で、自然の恵みを享受しながら、生きて行く事なんか
全然、「共生」 じゃないんです。

共に生きると書いて「共生」と書きます。

自分の大切な人が病気になった時、死の淵に立った時、
最高の医療で助けてあげたい、救ってあげたい と願うのは、人間の本質です。

しかし、みんながさも当然の様に受けている高度な日本の医療なんか
全然当たり前じゃないんです。

「最高の医療」 はどこから生まれるのか?

障がいを持って働けない人達がたくさんいる。みんなで助けなきゃいけない。
今、障がい者年金が出ている。それだって当たり前じゃないんです。


全部、みんなの 「経済活動から生まれる“税金”」 によって支えられているんです。


みんなが 当たり前に使っている道路。信号。橋。綺麗な街並み。
これも、みんなが支払っている税金。
最高の医療、難病の研究、これもみんな税金。

道路が無い国へ行った事がありますか?
子供がギャングの様な暮らしをしないといけない国へ行った事がありますか?
物乞いとして、ビジネスとして、足や手を切られ、「同情」 で日銭を稼ぐ、
そんな光景を見た事ありますか?

こんな社会なんか簡単に作れるんです。

「政治」と「経済」の崩壊が、こんな国を簡単に作ってしまう。


今、原発問題で盛んに使われる言葉。

「命よりも経済ですか?」 というフレーズ。

違うんです。

経済が救っている多くの、本当に多くの悲しみは必ずあるんです。
経済を止めたら、多くの人が死ぬ。
「命」 を守るという点では一緒なんです。

※ 原発の経済効果というものを容認している論旨ではありませんので。

日本は 中東の石油の様に 「国として売るモノ」 がない国です。
トルクメニスタンみたいに、天然ガスを売って、あとは、国民に平等に分けましょう。
それが出来ないからこそ、日本人みんなで頑張って、
ここまでの暮らしを維持出来る様になったんです。


以前、エチオピアで難民や貧困支援をしている国連職員のマキさん夫婦とお話をした時。

「政治や経済がどれほど大切か分かった」

と仰ってました。


日本人は豊かになり過ぎた。
道路が何で出来ているか? 病院の高度な医療が何で受けれるか?
大切な人達の命や暮らしが何で守られているか?


インターネットで、どっかの学者さんの意見はコピー&ペーストが出来る様になった。
みんなが、みんな、政治家で、みんなが、みんな経済人で、
みんなが、みんな、一流の評論家の様になった。

けど、自分達の「足元」 すら知らない国民になってしまった。
そんな事すら 「知らない国民」 になってしまった。
社会がどういう仕組みで回って、自分達の暮らしが何によって支えられているのか?
そんな事すら、分からない国民になってしまった。


「政権交代」 すれば、自分達の暮らしが少しでも良くなるなんて甘い夢を見た国民。
何かが悪ければ、政治家の責任。
そんな政治家しか出せない 「国民自体」 に非はないのか?
日本を救えるスーパーマンみたいな政治家がいるのならば、立候補すればいい。



「絆」 や 「つながり」 


素敵な言葉です。

けど、都合の良い様にしか、今はその言葉は響かない。

良い事も、イヤな事も、全部受け入れて初めて

「絆」 や 「つながり」 という言葉を活かす事が出来る。


その言葉には多くの意味と重みが含まれている事を、もう一度考えて下さい。
[PR]
by naotsugu_notsu | 2011-07-15 10:00
野津なおつぐだより。完成。

そんでもって、野津直嗣の政治新聞 「一般質問編」 が完成しました。


野津なおつぐが一般質問で何を質問して、何が実現して、何が途中なのか。

そんな事をまとめた政治新聞です。


今年の夏は、一人スピーカーを持って街頭演説をしようと思っています。

そんな街頭で配ったり、

また市内の市民の方にはご自宅まで、自らが持って行こうと思います。

090-4656-5414

gvrckworks@mable.ne.jp

までご連絡下さい。


他市、他県の方からのお問い合わせや、送付の依頼、

また他市・他県の議員の方からもお問い合わせはございますが、

数量に限りがありますので、今回はお配り出来ません。

ご理解下さい。

また時間を置いて新ホームページの方へダウンロード出来る様に調整致します。


私は、あくまでも松江市の市議会議員でございますので、

市民の為に、また私に投票をしてくれた方々の為に働く事を第一義としております。

どうぞご理解下さい。
[PR]
by naotsugu_notsu | 2011-07-13 09:47
  

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Twtter
フォロー中のブログ
MIRAI ~未来の為に...
ファン
ブログジャンル
画像一覧