3月11日


あの日から一年が経ちました。


「忘れない事」 は、被災地以外の日本人がする事。

被災地の人は、忘れる事こそ、スタートへの一歩なんだろうと思います。


悲しみを乗り越えてなんて、他人は簡単に言うけど、

大切な人を失った現実に向き合える人が何人いるのか。


ちょっとづつ、ちょっとづつ、時間が解決してくれればいい。

ちょっとづつ、ちょっとづつ、笑顔が解決してくれればいい。


被災地の人達が早く悲しみから、解き放たれる様に願っています。


僕は、日本人として、被災地の人達の為に、やれる事をやります。


一人の若い人間として、被災地支援の活動をしてきました。

けど、

僕は今、やっと松江市の市議会議員として

やらなければならない事、また出来る事があると思っています。


皆さんにまたお知らせする日が来たら、相談、そして報告します。
[PR]
# by naotsugu_notsu | 2012-03-11 23:00
A.M.P
さて、皆さん。

議会活動とはまったく別の活動へ。

この何年もライブできてなかったんですが、久々に復活します。

A.M.P。

社長さんなんかと政治談議してても、街は変わらない。
僕を市政のど真ん中に送り出して、選挙カーに乗ってくれたのは、
今まで「政治」とは無縁なこういった仲間達でした。

仲間達のホームグランドへ、久々に帰ります。
帰るからには気合い入れてやるんで、七三ワケの僕しか知らない人はぜひ見に来て下さい。
フライヤーや告知は、このブログでもバンバンしますね。

e0073385_8371875.jpg


SEE YOU MOSHPIT !!
[PR]
# by naotsugu_notsu | 2012-03-10 08:37
松浦市長に要望

e0073385_7391352.jpg


昨日は、

「若者と女性のアイデアやパワーを街づくりに積極的に活かす様に」

という要望の元、
松江55年会のみんな、島根県若手職員の安井さん、島大生の前田さんと
の6人で市長に取りまとめた16項目に及ぶ要望書を手渡しました。

市長は熱心に若い人達の話を聞き、また若い人達も自分が思う事なんかを話したりして、
とても前向きな会合になったりしたかなと思います。

こうやってちょっとづつ、ちょっとづつ、

若い人達や女性が街の主人公になったらいい。

アイデアやパワーがある人が、街の主人公になればいいと思います。

こうやって、街は幾度となく、新陳代謝を繰り返してきたんだと思います。


議会に送り出してもらって丸3年が経とうとしています。

市長の施政方針演説に、毎年 「若者の活力」 と言う言葉や、
まだ2回目の水辺の芸術祭という言葉も入って来る様になりました。

今年、特に色々なモノが大きく変わろうとしています。


選挙の時に言った言葉。

「僕が当選したからと言って、明日から松江は劇的には変わらない。
けども、絶対に1%は変えられる。何かは変わる。それを信じて投票して下さい。」 

と言いました。

いつでも、今でも、この言葉を自問自答しています。

「変わったかなあ。。。」

僕の役目は、多くの若い人を市政のど真ん中に送り届ける事。
僕が一人で、この街を変えようとなんか思いません。
あの選挙の時のエネルギーそのまんま、
みんなで、松江を変えられる。と信じて、今もやってます。


けど、本当に振り返るとわずか3年前まで、若い人と行政の接点はゼロでした。

けど、今多くの若い人達がお互いに結びつき、行政の人達と交流を持って、
様々に新しい事を始めています。

また松江市も具体的に多くの若い人への支援をスタートさせています。
まだまだかも知れないけど、もっと、もっと、多くの人達のエネルギーを、
松江市行政に届けたい。

また松江市行政の人達の根本的に持っている知識や情熱も
若い人に届けたいと同時に思っています。


2009年4月に、政治の素人の僕に皆さんが与えてくれた
議員としての任期はあと1年となりました。ラストイヤーです。
総仕上げの一年です。
[PR]
# by naotsugu_notsu | 2012-03-10 07:38
総務委員会

昨日と一昨日において、松江市議会2月定例会の総務委員会が開かれました。

今一度、言うと。

議員全員が、1600億円も予算を全て審議するわけじゃないので、
議員を 4つの委員会 に分け、予算も 4つの委員会に振り分けて、
それぞれ徹底的に集中審議します。


僕は議会の中では、総務委員会に所属しています。

所管は、

財政部(松江市の財政など)
総務部(松江市の職員の事や基本的な事務など)
政策企画部(市長直轄の新しい取り組みや交通政策、原子力関係など)
防災安全部(松江市の防災や交通安全など)
市民部(広聴活動や国保など)
消防部(松江市の火災、救急など)


一昨日は 新聞にも載りましたが、 

松江市土地開発公社の土地を松江市が土地を買ったものについて。

これは平成2年に、松江市が湖南中学校用に、松江市土地開発公社に
買わせたものです。(つまりは今の湖東中学校)

運動公園と並びの土地。買ったがいいは、古墳など遺跡がたくさん出て結果、
今の湖東中学校の場所になりました。

困ったのは、土地開発公社。(まあ、松江市みたいなもんですが)

松江市の土地の買い付けなどを専門的に行う、いわゆる第3セクターというやつで、
松江市からの命令通り買ったのに、土地を松江市が買ってくれない。

平成2年から約22年近くが過ぎていました。

松江市は近年、第3セクターの健全化を進めています。
その中で土地開発公社も例外ではありません。
ところが、その中で、こういった松江市からの命令で買った土地がいくつかあり、
それを少しづつ”経理上”松江市が買い戻そうという事だったのです。


長い政治や行政の歴史の中で、判断されてきた問題がこうやって後世にまで残る。
これは非常に情けない事です。
そういった判断の繰り返しが、政治や行政の歴史であって、
右も左も、身動きを取れない様な判断をせざる負えない、
こういった問題を残すのはどうかと思います。

その財政部長の説明に委員会で、審議が紛糾。

過去の長い歴史があって、それぞれが、その事情を知っているだけに、
説明の仕方と、事前に議会側への説明があれば、落とし所もあったかもしれませんが、

休憩を取らなければ、否決という事態にもなり、新聞沙汰になったわけですが、
議会は何も言わずに通すと思ったのでしょうか。
議会ならそんな議案書は見逃すと。
という事だったのだろうと思います。


今日の総務委員会も、僕は課長さんと
「松江市のホームページ」で激論の様になりましたが、
あんな案件も公表すれば、絶対に市民が納得するわけがないんです。

まして、同じ業者さんがみたら卒倒する様な契約金額。

本当は、議事録に残るあの場所でやりあうと、
本気で相手を潰すまでやらないといけなくなる。
今回の項目で事で突っ込むと、随意契約 の要綱に
当てはまるのかさえ怪しい案件です。

けど、これもその後ろに松江に住む人達の暮らしがある。
歴史と、それに携わる人や雇用がある。

だから、僕は昨年末から、このブログや議会、担当課に資料請求したりと、
「メッセージ」 を送っているつもりでいました。

しかし、今議会で出された予算書は、昨年度よりも増額の随意契約予算。

オフィシャルでやらなければならない状況になりました。

社会が、大きく変化し、建設業者でも多くの公金に携わる人達が
「市場原理」の中にいる中で、あの部分だけ
いつまでも優遇されるわけにはならない。


あまり、罪もない課長さんや部長さんを相手に、特に好きな課長さんや部長さんに
この若造が厳しい事をいうのは、
やっぱり、そんなに好きな事じゃありません。

議会と行政と言えど、お互いそれぞれ 松江市の為を思って働いていて、
「人」と「人」との付き合いの中でやっているわけだから。

ちょっと前のブログにも書きましたが、
一般の人が思っている、「議員が命令すれば職員は動く」 なんて論理は、
そんな事は無くて、お互い、人と人との関係が根底にないと、
「人」は動いてくれないんだと思います。

そういった意味で、今回、厳しく質問した課長さん方は、
好きな課長さんが多かったゆえに、心苦しくもありました。
まあ、たぶん、僕が好きな課長さん方は、
性格も穏やか、頭脳明晰、そつなく仕事が出来ると言う事で、
そういったポジションにいるんだと思いますけど。笑

ゆえに課長さんが悪いわけじゃ無くて、今、そんな契約があるならば、
本来はプロポーザル方式にどの課長さんもすると思いますが
これも長い歴史の中での3セクの在り方となっていくんだろうと思います。
松江市の予算800万円浮いたとして、失業者を5人出したとすれば、
それは経済効果や経済施策としては、まったく逆の効果だから。

ただ、やはりそうはいっても、多くの建設会社や、公金に携わっていた業者同様、
市場原理の中に入る必要はあると思っています。

言わなければ、時代は動かない。

今後、この問題に関しては行政が様々な問題を乗り越えて動かなければ、
議会の一般質問でも取り上げなければならないと思っています。

なあなあにしてきた政治の判断が、後世の残す影響というは、
イコールではなくて、膨らみ続けて、後世に残って行く。

土地の問題もそう。3セクの問題もそう。
時代が、時代にあったフェードアウト策を取らないとダメなんだろうと思います。
そしてそれに気付く議員も。
[PR]
# by naotsugu_notsu | 2012-03-08 07:33
back again

いつぞや話しました、
久しぶりのライブハウスのイベントに出演です。

主催者は、勢いのある昭和54年生まれのみんな。
水辺の芸術祭の会場装飾チームでもあります。
出るメンツも超強烈です。

懐かしさ反面、たぶん、
そこらへんの現役のバンドよりはガッチリとしたモノは見せれるかと思います。


■タイトル 「good felloow」

■日時 2012年4月20日(金) 開場7時~ 開演8時~
■会場 松江B1(松江市白潟本町)
■料金 前売チケット1500円(1drink付)

■出演者  

THE AROUNDS(東京)
A.M.P
AFCN(アフカン)
CHEAPSKATES BRASTERS
GANDA GROUND(ガンダグランド)
GREEN PEACE
LIMB

DJ 180°CREW

屋台やらなんやらも出す予定との事。
「祭り」 になりそうです。


みなさん、もうたぶんこのメンツじゃやれないと思うんで(笑)

ぜひ4月20日(金)は空けておいて下さいね!!
[PR]
# by naotsugu_notsu | 2012-03-05 09:09
議会という言葉。

さて、

市議会は2月議会が始まり、4月からの大事な一年間の予算が審議されています。

しかし全国的にですが、
多くの人が、「議会が」 とか、大きな枠でお話をされますが、
別に「議会改革」など、僕にとってはどうでもいいのです。
これは、市民にとってもだと思います。

会社に例えれば、「サービス」 を行う会社が、「社内改革」するという事と同じで、
サービスを受ける側=市民 は、別に 会社がどういった体制だろうが、
どうでもいいと思います。

問題は、良質のサービスを提供する事であって、社員が研修したり、改革するのは、
”プロセス”であって、結果じゃないんです。

そして。

これは絶対に忘れてはならないと思うのが、議員っていうのは、
それぞれが、それぞれに民意を得て、投票されて、受かっているんです。

つまり、会社で言えば、”一人社長” です。
会派や議会っていうのは、それを実現する”プロセス”であって、”結果”ではない。

僕ははっきり言って、議会報告会も、議会だよりもいらないと思っています。
そんな事は、議員さんがそれぞれに、自分が発信すればいいことです。
議会が市民の理解力を失ったとすれば、それは、「議会」 のせいではなくて、
「議員一人一人」の広報や結果報告の活動の結果であって、
民主主義や投票の原則を、議員自身が忘れているんじゃないかと思います。

議会だよりや議会報告会にどれだけの経費がかかっているか。

議員がそれぞれの活動の中で、見える施策提案や実現をして、
またそれを市民に見える形で提供すれば、議会不全にならんのです。

全国でもそういった事(なんでもかんでも議会の古い勢力やしきたりのせいにする)
若い議員さんもたくさんいますが、僕からしたら、所詮、言い訳です。
そういった状況も考えて、選挙に出て、議会に出てるんだから。


議員は、市民とは違う。
市民の思いや言葉を、実行し、形にし、施策に活かすから、
市民に選ばれて議会という場に出て議員になっているわけです。

そして、多額の報酬をもらい、専門的な知識を学び、
時に市民の気持ちに寄り添い、それを具現化し、
また市民が間違う時には、それをしっかりとした知識でリードする、
その役割が与えられているのです。

市民と一緒なら、報酬も貰わなくていいし、どこかの街角で話していればいいし、
何かの集会に出て、大声で訴えればいい。
それと違うから、市民の代表として、高い報酬をもらい、
議会という場で、議員として出ています。


市民の気持ちを 「議会議場で代弁」 する為だけに、議員をやるっていうんなら、
こんな高い報酬を払ってまで、議員を出す必要なんてないと思っています。

議会がどうとか大きな事を言う前に、ちゃんと自分を信じて投票してくれた市民の声を、
松江市の施策にするまで徹底的にやった方がいい。


市長以下、執行部だって、馬鹿じゃない。
議会で、「ああしなさい」 「こうしなさい」 って言って、松江市の施策が変わるんなら
こんな簡単な事はないんです。
松浦市長の名前で予算は執行されるワケだから、
彼らだって中途半端な気持ちや施策提案じゃ絶対に聞いてくれません。


世の中が停滞すると必ず、何かのせいにする。空気が出てくる。

またそういった世の不満を、自分の味方にして、
ポピュリズムみたいな政治家がたくさん出てくる。

文句を言う前に、自分がやらなければ、
そのために、一人一人が議員という職をもらって、報酬をえているんだから。

誰かのせいにしている暇はないと思います。
[PR]
# by naotsugu_notsu | 2012-03-02 21:55
表現

ブログを書いては消しています。

書く事が上手くまとまらないんですよね。


ちなみに、このブログの中で、自分の事を 「俺」 と書いています。

議員らしくない。と言われればそれまでですが、
昔から僕の事を知っている友人達や、このブログを
議員になる前から長年読んでくれている多くの人達にとって、

「僕」 が 「僕」 なんて表現を使うほうが、
違和感を感じるだろう。と思って、あえて 「俺」 という表現を使っています。

あくまでもプライベートブログという位置づけでやっているんで、
変わらない 等身大 の自分自身を発信したいと思っています。

市民の人達にとって、「俺」 と表現する事が、不利益になるのならば、やめますが、
通常、多くの若い人と話すときには 「俺」 と使いますから、
自分の感情をまっすぐに表現したいという意味で、
あえて使っているという事だけはご理解頂ければと思います。
[PR]
# by naotsugu_notsu | 2012-02-27 17:22
インターンシップ

最近、島根大学の女子学生さんがインターンシップに来てくれています。
話すことで自分自身も勉強になったり、
たぶん、どんなインターンシップや大学生よりも、
相当に政治や行政、松江市政、島根県政に近いところで、
政治を見れているんじゃないかと思います。

逆に、「政治」 を全て見せてあげたいと思っているから、
裏も、表も関係なく、自分の行動に沿って、付き合ってもらっています。
それをどう判断するかは彼女次第だと思っているし、
どう判断してもらっても構わないし。

僕は「政治」というフィールドで裏工作は一切していません。

いや、言葉が違うな。

自分が 「利」 する様な裏工作はしていない。
もし、根回し、話し合い。そういったものがあるとすれば、
それは、全て、僕は松江市の為に「利」する事だと思っています。

誰が、どうインターンシップに来ても、だれがどう僕のそばについても、
当然、それはそうだし。インターンシップの彼女がどう判断するかは彼女次第だし。
俺は、俺で一生懸命に伝え、政治をするだけです。


だから、包み隠さず、僕は初めて、こんなに政治活動の全てを他人に見せてます
[PR]
# by naotsugu_notsu | 2012-02-27 00:15
松江駅から隠岐へ
今日は朝から隠岐の島へ視察研修です。

その関係で松江駅へ来ていますが、

しかし、使ってみるとこの高速バス関係に関しては
本当に不親切で、不便。

市民や観光客の方から不満の声が高いの分かります。

一度、関係部署と協議です。

e0073385_8173860.jpg

[PR]
# by naotsugu_notsu | 2012-02-23 08:14
無銭衝突 in 松江
さて、松江市議会 松政クラブが新聞を
昨日から賑わしておりますが、
その件はまた後日。

昨日は昔からお世話になっている矢吹孝之くんの
アコースティックライブ。

みんなには水辺の芸術祭や
色んな東京の人達との繋がりを作ってくれている音楽の先輩といった方がわかりやすいかも。

そして、その矢吹くんと一緒にツアーを回っていた

浜田ケンジさん Live in フラットスタイル。
すげーかっこよかった!
現在全国放映中の
伊勢谷ユウスケ監督映画へ楽曲提供もしてるよー!
そして矢吹孝之君のライブ。
HEY!HEY!HEY!でも歌った
名曲『波の花』を歌ってくれました。
会場のフラットスタイルのロケーション、協力してくれた55年会のみんなの人柄。
全てGOODでした。
その後は2時までまで飲みで、
浜田くんも矢吹くんも我が家に宿泊でした。
e0073385_9443726.jpg


e0073385_9443928.jpg


e0073385_9444174.jpg


会場をやってくれたフラットスタイルの松崎くん!

大感謝でした!
[PR]
# by naotsugu_notsu | 2012-02-22 09:32
  

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Twtter
フォロー中のブログ
MIRAI ~未来の為に...
ファン
ブログジャンル
画像一覧