恩師 宮滝先生。

僕が卒業した開星高校は、当時は松江第一高校と言って。
それはそれは、悪い学校でした。笑
「偏差値いくら?」 と聞かれても偏差値という言葉の意味すら分からない生徒ばかり。
しかも私は、その中でも最も学力の低いと予想される 「体育科」。
週に10時間は体育があるという恐ろしい科でした。笑

全校集会の後に、「それじゃあ終わりです」って言って全校生徒が後ろを振り向くと、

恐ろしい先生方が勢揃いで仁王立ち。

そう。抜き打ちの「服装検査」と「頭髪検査」です。

またそれも厳しい。厳しい。

先生 「お前、なめとんか?あ?」 

生徒 「うう。。すいません。切ってきます。。」 みたいな。笑

どんなにヤンキーがいても刃向かうバカはいませんでしたね。
だって怖いもの。本当に。笑


けども、今振り返っても本当に良い学校だったなって思うんです。

個性的な先生。個性的過ぎて全国ニュースになったりもしますが笑
卒業生は誰一人、個性的なあの先生方に対して恨み辛みなどはないでしょう。

サッカー部の先生でもあった恩師 宮滝先生もその一人。

当時はそれはおっかない先生の一人でした。

髪の毛を茶色にして行った時もそれはぶん殴られて
女の子と二人で深夜徘徊した時もぶん殴られて。
先生に生意気言ってはぶん殴られて。笑

俺はサッカーの特待生で入ったんですが、
なにせ特待生だけで20人ぐらいの同級生がいるので、
俺は試合に出たり、出なかったりの補欠選手でした。
ゆえに途中からまあ、性分からかコーチや監督の「教える方」が好きになっていました。

こんな性格だから、先生の戦術には偉そうにモノは喋るわをよくしてました。
そしたらね。選挙の前に先生に挨拶に行ったら、
先生がその時の「俺の生意気にも偉そうに書いた日記」みたいなのを取ってくれてて。

俺 「まだそんなモノを持っててくれたんですか????」
先生 「当然だろ。俺の宝物だ。」って言ってくれて。

あの時は感動しました。

何百人も卒業生を送り出してて、別に俺は特段目立った選手でも無かったのに。
まあ殴られた量だったら、卒業生ピカ1だったけど。笑

それから時代が経って。

宮滝先生とは本当に色々な事でお世話になる事が多々あって。
水辺の芸術祭も、サッカー部の生徒をボランティアで手伝ってくれたりとか、

宮滝先生自身も県民会館でやる大きな講演会とか主催したり。

超パワフルな凄い先生です。

こうやって時を越えて、先生と何かを一緒にやれるって事は本当に素敵な事だと思います。
昨日の試合を見て、開星高校で良かった。宮滝先生の教え子で良かった。
改めてそう思いました。試合は大差で完敗だったけど
そう思わせてくれる魅力がこの学校や、先生にはある。

みなさん是非、開星高校に入学を!!! 

ま、そんな冗談の宣伝がしたいワケじゃないですが(笑)

けども、昨日の試合は本当に色々な事が蘇りました。

ありがとう。
[PR]
by naotsugu_notsu | 2010-11-15 10:42

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Twtter
フォロー中のブログ
MIRAI ~未来の為に...
ファン
ブログジャンル
画像一覧