多様性と多容性。

エジプトのピラミッド及び太陽信仰。

トルコのカッパドキアのキリスト教、ブルーモスクに代表されるイスラム仏教。

イタリアやバチカン市国やブラジルのキリスト教、カトリック教。

高野山に見る仏教。

伊勢神宮、出雲大社に見る神道。

日本各地で見る「新興宗教」。


様々な国で、「宗教の力」 いや 「信仰の力」 を見た時。感じた時。

まず、思うのは、「人間の本質」とは、「本義」とは、「生きる事」とは、

「何かに救いを求め、何かを真摯に信仰する事」

なのではないか?とすら思ってしまう。


人類は、太古の昔から、自然を恐れ、自然を信仰し、神を恐れ、神を信仰してきた。

「人類の歴史」とは、「争いの歴史」そして「信仰の歴史」と言っても良いと思う。


太古の昔からある「信仰心」は、

時代が、環境が、科学が、人間の形が、どれだけ変わっても、

何千年と変わらず「存在」している。

そう考えると、「人類の本質」の中に、「食欲」「性欲」「睡眠欲」の3大欲の様に、

「信仰」も入っているのだと思う。

そして、残念な事に、「人を殺す事」も、「人類の本質」の中に入っている。

「本質」で無ければ、太古の昔から「人と人が殺し合う」という現実が続く訳はない。

状況でも、環境でも、時代でもなく、「人は人を殺し合う」


日本人にとって、「強い信仰心」は、「洗脳」に近いイメージで捉えられる。

しかし、「世界のスタンダード」、「歴史のスタンダード」からすれば、

「強い信仰心」を持たない日本人の方が、遥かに異質なのだと思う。


「自分達こそ”スタンダード”」


この考えは、いつか、「多容性」を失い、人を理解する能力を低下させる。

日本がおかれる状況、自分がおかれる状況を、冷静に、現実的に把握して、

「自らを意識」せねば、それはいつか、独善性を生む。


多様性が世界を動かし、多容性が世界を救う。

多様性が自らを動かし、多容性が自らを救う。
[PR]
by naotsugu_notsu | 2009-01-08 18:36

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Twtter
フォロー中のブログ
MIRAI ~未来の為に...
ファン
ブログジャンル
画像一覧